あなたに合った国産を前提とした無添加青汁


日本の安全基準やルールが他国に比べても厳しいこと!生産者など携わる方のモラルや品質に対する意識が強いこと!が絶対条件

国産青汁で今一番注目して欲しい商品を紹介

ネットで注目を浴びている青汁ではなく、過去7年で数百の商品を飲み比べ、健康管理チェックに基づいたおすすめの商品紹介

『今、最もおススメの青汁セレクション』で注目する商品

女性の味方のスーバードリンクを飲んで、美しく健康になりましょう。


始めまして
『今、最もおススメの青汁セレクション』のサイトを運営しております、吉岡守です。
体を守る(カラダをマモル)という名前を使おうと思いましたが、滑りそうで本名でやらせてもらっています。
私は7年前から青汁を飲み始め、多くの方に紹介してきました。
私が紹介する国産青汁にはコンセプトがあり、日々を飲み比べ数百(下手したら1000超えているかも)の中から、
日々飲んで体調の変化を基に、今最も着目すべき青汁!を紹介しています。


今の自分や家族の健康に不安を感じていて、
将来のために何か始めたいと考えている方

青汁に興味はあるけれど、飲むことで
どうなるのか?具体的な効果を知りたい方

青汁を飲んだことはあるけど、
本当に自分に合ったモノを探している方

世の中には多くの健康食品があり、その中で多くの青汁が存在していますが、
どれを飲んだらいいかわからない方や、自分に合うものを見つけたいと考えている方は、是非ご参考にしてください。
このサイトでは、青汁に関する知識を詰め込んであるので、見た後にはきっと本質を知ることが出来るはずです。
読まなきゃモッタイナイですよ!!

深夜のテレビやネット広告を見ていれば、多くの健康促進商品があることに気付かれていると思います。
大衆性である日本人の習性としてその質や効果を知らずに、本質を知ることなく購入しているのが現実です。
みんなが飲むから飲んでいる!勧められたから飲み始めようとしている!という方が多いのではないでしょうか?

どんな理由であれ、多くの方が青汁を飲んでいます。
自分から飲み始めようと考えていた方の話を聞くと、
・現状の健康状態に不安を感じていたから
・これからの人生を健康で生きていくために飲み始めてみようと考えた
・大切な人に健康でいてほしいと思ったから
多くの方が上記のどれかに該当していました。

今の現状を理解した上で、将来のために自ら準備を始める方々はとても素晴らしいと思います。

しかし、
明確な理由が無いという方には、青汁を飲むことの本質を知ったうえで
自らの意志で飲むようにして頂けるように、
成分や効果を具体的に紹介させて頂きます。

私が青汁に抱いていたイメージは「まずい」というものでした。
飲んだこともないのにこのようなイメージを抱いてしまっていたのは、コマーシャルでタレントの人が
顔をしかめて「まずい」と言う宣伝があったことや、人気バラエティー番組で罰ゲームとして出演タレントたちが
無理矢理飲まされていたことにより、固定概念として強く根付いていました。
昔の青汁のマズさは知りませんが、私の飲んでいるものは美味しいです。
マズさや青臭さをなくすために、いろいろと試してみましたが、抹茶で割ると単純に深みのある美味しい抹茶になります。
ジムに通ったり、食生活の制限をしたり、健康になるためにいろいろ試しましたが、
続けることができずに挫折する日々。それに比べ、面倒なことなく健康維持ができる青汁はとても助かります。

単純に苦い!マズイ!というイメージを持っていました。
しかし、実際には聞くほどマズイものではなく、野菜不足を気軽に補えて、
・便秘の解消に役立つ
・肌の状態が良くなると体感
・生活習慣病の予防になる(おかげ様なのか?今だ未体験です)
原材料の工夫や味の改善がされてきた面もありますが、今では敢えて苦いと称される青汁を好んでチョイスしています。
原材料を見ると飲み始めた頃とほとんど変わっていません。変わってないと知るとなんかすごい!と思ってしまいます。
食生活のバランスが乱れがちな現代人にとって嬉しい飲み物と言えると思います。

健康食品は沢山ありますが、多くの人が健康食品の代名詞として青汁を指しますね。
実際にそれを飲んでいるからなのか、私の家族は口を揃えてそう言っています。
飲んだ経験がある人はどんな感じか知っていると思いますが、飲んだことのない人にとってはやはり
「苦い飲み物」というイメージがかなり強いと思います。
実際に飲んでみると非常に苦く感じるモノも有ります。タイミングとして寝起きはお勧めしません。
しかし、そのおかげで寝起きは一発で目覚めることができています。
お酒を飲んだ翌朝は乳製品と一緒に摂ることをお勧めします。
個人的に、水だと空腹の胃にはダメージが大きいです。家族ではリンゴジュースと混ぜて飲むのが主流となっています。
マズくて飲めないということはないので、習慣としてこれからも引用していきたいと思います。

イメージ調査からもわかるように
マズい・苦いというイメージを多くの方が持たれているようです。

飲んだ人にしか分からないことですが(商品にもよります)、
実際にはそんなことはない!というのが現実的な話です。

どうせ飲むなら飲みやすいに越したことはありませんが、
超美味しい♪とCMのように笑顔になれるものは残念ながらありません。
『マズいんだったら飲みません!』と、きっぱりお考えの方は今すぐ寝てください。
今すぐ寝ることが明日への最大の活力になると思います。

体のことを考えて、青汁を探してみよう!と考えていたはずなのに、
美味しくないなら!飲みにくいなら!やめようという方は、本質がブレていらっしゃいます。
青汁は楽しく飲むものではありません。将来の自分や家族が楽しくあるべきために飲むものです。

幸せなことに現代では、昔に比べ栄養素の高い食生活をすることが出来ています。
栄養素だけでなく、味も格段に美味しい食事です。
おかげ様で、体に必要のないものや、過度な摂取をしてしまう現実を強いられています。
以前は認知度の低かった成人病ですが、これだけ勢力を伸ばしている原因は食生活に問題があるからです。

青汁は、
・過度に摂取した不要物を排出するために内蔵の活性化を助けます
・偏りのある食生活で足りない栄養素を摂取することが出来ます

一言で言えば、現代人の健康維持・健康促進に大いに役立つ力を持っています。

そうは言っても、中身を知らなければイメージが付かないでしょうから、
まずは、成分となっている原材料とその効果を紹介しましょう。
※成分の説明はいらないよという方は無視してください

≪一般的に使われている青汁の主な材料≫

青汁と聞いて皆さんがイメージするもののほとんどは国内青汁ですが、
健康関連のキーワードでネットサーフィンをすれば多くの外国産の商品を見つけることができます。
外国産の商品であっても当然主成分に大きな変わりはなく、体に良いものが含まれています。

しかし、私は外国産を推奨しません。

みなさんは、食べ物や商品を選ぶ際、どこの国で生産されたものかを意識していますか?
安心、安全の基準を考えて選ぶ際のポイントは、やはり国産です。

なぜ、国産が良いのか?といえば、
日本の安全基準やルールが他国に比べても厳しいこと!

そして、
生産者など携わる方のモラルや品質に対する意識が強いこと!
が挙げられます。

外国産では日本では使ってはいけない農薬が野菜から検出されたこともあります。

基準や生産体制などが異なる以上、やはり自国の物の信用が高いというのが当然の考えですね。
「病は気から」という言葉からも分かるように、安心無くして健康の維持をできるはずがありません。

世界には日本と同レベルや、それ以上に厳しい基準で生産されるところもあります。
しかし、それを確認する手段が大変ですし、すべての商品を確認するには多くの時間を有することになります。
その時間をかけるのであれば、安全基準の高い国産青汁を早く飲み始めることをお勧めします・・・。

また、流通プロセスが確認しやすく、鮮度が良いというのも国産のメリットと言えます。

特に口に入る食べ物は
新鮮で厳しい基準で作られた国産が1番
です。

サイコロで言えば、日本人に生まれただけで6を出したようなもんだと言われていますが、
健康に過ごすことができる!のは安全基準の高い国産の食品を摂取していたからでもあるわけですね。
ということで、紹介する商品は適宜変更していますが、私が推奨するものはすべて国産青汁です。

世の中に出回っている多くの加工食品には添加物が使われています。
食べ物を供給するための大量生産の影に、日持ちを良くするための防腐剤、味や見た目を良くしたり
するための着色料などが一般的に挙げられます。

主な添加物の分類として、保存料、酸化防止剤、安定剤、着色料、香料、甘味料などがあります。
天然成分から作られるものもありますが、ほとんどは化学的に合成されたものです。

人間は体の組織や血液を作るために食べ物から栄養素を摂取しています。
化学的な物が入るということは異物が体内に入って来ることであり、
それを分解するために解毒の機能をもつ肝臓に負担が掛かってしまうのです。

もちろん、1つ1つの食品には厚生労働省で定めた基準値以下の物しか入っていませんが、
複数の食品を食べて生きている私たちの摂取量の合計値は安全である!と言い切れるものではないはずです。
アトピーをはじめ原因不明の現代病の原因として、添加物がその原因である!と指摘されています。
だからこそ、なるべく添加物を摂らないことで健康促進に繋がるのです。

しか~し、
無添加であれば安全というわけではありません。

wiki より抜粋しますが、
【化学合成された物質を使用する代わりに、安全性が確認されていない天然由来の物質を
使用していることも多く、無添加だからといって必ずしも安全性が高いとは限らない】

とあるように、無添加青汁だからと言って必ずしも安全を確約したものではない!ということです
例を言えば、マイナスイオンがそれに挙げられます(※2013年現在では人体に良い影響を与えるのか未確認)

驚いた方が多いと思います。
表記の仕方に惑わされて、無添加であれば安全と思い込んでいた今までの生活は何だったのか?と・・・。

青汁にも添加物・無添加物のものが存在します。
添加物の場合でも粉末ということもあり、一杯に含まれる添加物は極めてわずかなものです。
ですから、青汁に関してのみ言えば、添加物でも無添加物でも気にする必要はありません。

食物から摂取する以外の多くの栄養素、
例えばビタミンなども添加物に分類されますから(製造方法による)、
体のためになる添加物もあるという認識が正しい判断です。
添加物という言葉に対し排他的な考えを持つこと自体間違っていると言えます。


今の食生活を満喫した上で、足りないものを補うと同時に
肝臓機能の向上・促進を促す青汁を飲む


今ある「食」という至福を全て捨て、
体に悪いと思われるものは一切口にせず生きていく

書き方に偏りはありますが、ほとんどの方は今の至福を選ぶはずです。
だって青汁を飲むことに苦労する世の中ではありませんから。
「食」という至福を捨てるという方は、今すぐ冷蔵庫の掃除を始めてください。
いや、冷蔵庫ごと捨てる方が良いかもしれませんね。

私は青汁を毎晩飲んでいます。
子供が生まれた2006年から始めていますので、青汁生活を始めて7年目になりますが(2013年現在)
個人的な経験則から、晩に飲むことで翌日の体調が良いと結論が出ています。
一緒に飲んでいる妻の肌も私が分かるくらい艶々の肌に変わりました。
朝飲んで悪いと言ったことはありませんが、寝ている間(体が調子を整えている間)の方が、
内臓機能の手助けになっていると感じています。

残念ながら、
青汁は飲んだその日から健康になるという代物ではありません。
今から飲み始めることによって、近い将来の日々の生活で体調の良化を実感することが出来ます。
また、成人病をはじめとする現代病の発生率を大幅に軽減させることが出来ます。

早く飲み始めた分、将来の健康のために成ることは言うまでもありません。
行動を起こさなければ、
何も改善されることはありません!

あなたは、負担なく始められる青汁を飲んでみようと思いますか?
10年後、20年後…あなたは一体どう考えているのでしょう?

青汁を飲む目的は様々ですが、私は健康維持のために家族で飲んでいます。
具体的な目的としては、栄養価が高いことへの期待と、お腹の調子を整えるというのを目的に飲んでいます。
私の家庭では毎朝快腸で、風邪を引きにくくなったと感じています。

お通じの調子が良くなるのは、青汁に含まれる豊富な食物繊維の働きによるものでしょう。
風邪を引きにくくなったというのは、ビタミンCやビタミンAなどが多く含まれ、免疫力をアップさせたり、
粘膜を丈夫にしてくれる働きが期待できるからだと思います。

かつては年配者や中高年世帯を中心として、そのご家庭の子どもたちが苦くても
仕方なく飲まされるという傾向がありましたが、
最近では若い女性が積極的に飲んでいるようで、
野菜不足を補う目的や、美容目的のための愛飲者が増えていて、
私が紹介したわけではないのですが、会社でも結構な数の人が飲んでいるようです。

女性社員からは肌荒れやニキビが治った、肌の調子がいいといった意見を聞きます。
私の両親は生活習慣病の予防や改善のために飲んでおり、
血糖値や悪玉コレステロールなど健康診断の数値が改善したと喜んでいました。

健康診断の結果には私も驚きましたが、原材料本来の効果が健康のために
良い動きをしていることは言うまでもありません。

現代では色々な物を食べる事が出来ますが、どうしてもタンパク質や炭水化物を多く摂ってしまい、
野菜やミネラルの摂取とのバランスがとれていな人が多いと思います。
当然私もその一人でして、肉と米の相性が抜群すぎて抜け出すことは難しいと思っています。

揚げ物に付いてくる定番の千切りキャベツはなるべく食べるようにしていますが、
実際にはそんなに多い量ではありません。
日頃から野菜をたくさん食べていると思っていても、結構不足している人が多いのです。

しかし、ベジタリアンではない私が野菜ばかり食べている事もできません。
そんな時にお勧めなのが青汁です。
飲んだことがない人にとっては苦い飲み物として敬遠したくなるものだと思います。

私は家族が飲んでいたからという理由で、中学生くらいから青汁を飲んでいますが、
最初はその苦味がすごく気になりました。
ちょっと濃いめの牛乳に溶かし、
そこにハチミツを入れるとかなり美味しく飲む事が出来ます。

また飲み続ける事によって肌の調子が良くなってニキビも減ったし、便秘も解消されました。
健康の事を考えているのであれば、是非青汁を試してみるのをお勧めします。

一言目に「不味そう・・・」というイメージがつきまとうのは誰もが思うイメージでしょう。
私も青汁は苦いものと決め付けていて飲もうと考えたことがりませんでした。

会社が忙しくなり、なかなか規則正しい生活ができなくなってきて、
外食が増えたり睡眠時間が短くなって風邪をひきやすくなってしまった時
に、
吉岡さんから勧めらてから飲んでいます。

体調を整えるのには野菜をたっぷりとるのが一番だけど、自炊ができない私には青汁は最適なものです。
半信半疑でおすすめの青汁を飲んでみたところ、本当に苦くなく飲むストレスがありませんでした。

朝のコーヒーをとりあえず青汁に変えて試してみることにしました。
そうすると、まず驚いたのが便通がアップしたことです。

最近は食事の量も減ったせいか便秘気味で肌も荒れていたのですが、
青汁を飲み始めて毎朝快調で肌のツヤもアップしました。

飲用することで多くのメリットがあると体感しているようです。
ここで改めて、青汁を引用することでどういうことがあなたの身に起こるのかおさらいをしましょう。

×マズい
激マズ商品も確かに実在してはいますが、ほとんどの商品は問題なく飲めます!
味が合わないと感じたら自分なりにいろいろ試してみてください。
体験談にもありましたが、ミルク&はちみつの相性はばっちりです♪

×継続するのが難しい
毎日必ず行う食事の際に飲むだけですから難しいことはありません。
ジムに通ったり、食べ物の制限したりする方が時間がかかる事は言うまでもありませんね?

○過度に摂取した不要物の排泄を促進
食生活の乱れにより、働きが鈍くなっている現代人の内臓機能を促進します。
排出する力が増えるだけでなく、食物繊維の影響でさらに体外へいらない栄養素を排出するためダイエット効果もあり!

○不足している栄養素の補給
食文化の発展により、偏りのある食生活を余儀なくされている現代人に不足している野菜やミネラル分の補給。
健康維持に欠かせない栄養素がどれだけ摂取できるのか?具体的に健康診断時にお分かり頂けると思います。

総括

青汁を飲み始めて1か月以内に、
ほとんどの方が体調に変化があったと感じることが出来ます。

それまで飲み続けることが出来れば、
その後はそれまで以上に前向きに飲み続けることが出来るようになります。

その行動=【将来のあなたと家族の笑顔】です。

何か感じたことがあったならば、
なるべく早く行動するようにして頂きたいと思います。

やわたのおいしい青汁

国産有機栽培、有名俳優も愛飲の優秀青汁


俳優の船越英一郎さんも愛用!
職業柄ハードなスケジュールをこなす船越英一郎さんが
簡単に続けられる青汁ということで推薦。
私がおススメする理由にもなっていますが、
簡単に続けられる理由としては、
「臭み・苦味がとにかく少ない」ということです。
生野菜に直に振りかけても存在すら分からないレベルの味に仕上げています。

おすすめポイント
有機栽培原料の中でゴーヤが入っているところに注目して頂きたいです。
現状では使われることが多くないゴーヤが入っているのはうれしいですね。
※ゴーヤの詳細に関してはこちらからご確認ください
初めて青汁を飲用する方には特におススメできる一品です。

詳しい内容は下のバナーからご覧ください↓
おいしい青汁

このサイトでは、青汁にまつわる多くの情報を私の経験則と収集したデータを基に記載しています。
青汁初心者から黒帯の方まで満足いく情報を掲載していると思いますので、
是非、青汁三昧の当サイトをあなたの健康生活に生かしていただければ幸いです。