FXとは?初心者のための基礎知識!5分でわかるFX投資の基本

2019.01.26

FXは誰でもできると聞いても、そもそもFXはどういう仕組みなのか、メリット・デメリットは何があるかわからないと不安ですよね?

実は、FXでは正しい基礎知識が不可欠です。
なぜならレバレッジや通貨ペアなど、FXの基本を知らずにトレードをすれば、すぐに資金を失う恐れがあるからです。

例えるなら、車の運転に似ています。
車は交通ルールを知らなくても、運転できます。
しかし交通ルールがわからないと、事故を起こす確率は高くなりますよね?

だからFXを始める上で最初にすべきことは、FXの基礎知識(ルール)を身につけることです。

そこでこの記事では、FX初心者が勝つために必要な基礎知識や成功のための心がまえなどを、わかりやすく解説します。

1. FX(外国為替証拠金取引)とは?

外国為替証拠金取引とはの画像

FX(エフエックス)とは、Foreign Exchangeの略称で、正式な名称は『外国為替証拠金取引』といいます。

FXをシンプルに説明すると、『通貨と通貨の交換(売買)』といえます。
では、なぜ通貨を交換するだけで利益が生まれるのでしょうか?

例えば、日本からアメリカへ海外旅行にでかけたとします。
アメリカでは日本の『円』が使えないので、『円』を『ドル』に交換する必要がありますよね。

このとき『1ドル=100円』だったとすると、10万円で1,000ドルに両替できます。
仮に1,000ドルを使わず、そのまま日本に帰った場合に、『1ドルが110円』になっていたら、11万円に両替できますよね。

つまり「円」と「ドル」を交換したことで、1万円の利益を得たということです。

このように円とドルを交換するときの『1ドル=〜円』の部分は、『為替レート』と呼ばれています。
為替レートは、常に上がったり下がったりしており、FXではこのレートが変動する動きを利用して利益をだします

2. FXのこれだけは知っておきたい基礎知識

FXの基礎知識画像

ここでは、これからFXで取引を始める方に、知っておくべき基礎知識をご紹介します。
ここに書いていることを意識できるかどうかだけでも、トレードに影響するので、しっかりと理解してください。

2.1 FXはレバレッジを効かせたお金の引っ張り合い

儲けた人がいる一方で、必ず損をした人がいるのがFXです。
儲けた人の金額がどこからでているかというと、実は同じくFXをしている人や企業からなのです。

つまり、FXとは『お金を世界中の皆で引っ張り合っている』といえます。

自分のほうにお金を引き込めれば利益となり、逆にお金を引っ張り込まれると損をしてしまいます。

引っ張り合いには、私たちはもちろんのこと、プロの投資家たちも同じく参加していることを忘れてはいけません。
全員が同じ土俵で戦っているということを意識しておきましょう。

2.2 通貨ペアとスワップポイント

FXで取引をするときには『通貨ペア』というものを選ぶ必要があります。
通貨ペアとは、取引で売買する2国の通貨のことです。

例えば『米ドル/円』というのは、アメリカドルと日本円が通貨ペアになっているということです。

通貨ペアは、下図の赤枠のように『米ドル/円』や『ユーロ/米ドル』のように、『/』で区切って表されます。

通貨ペアスワップポイントの図
(出典:外為オンラインのホームページより)


FXでは、この通貨ペアを選んでトレードをしますが、トレードには大きく分けて2種類あります。

・為替差益を狙うトレード
・スワップポイントを狙うトレード

為替差益を狙うトレードは、先ほど説明した為替レートの変動を利用して利益をあげる投資方法です。

一方でスワップポイントとは、2カ国間の金利差から得られる利益のことをいいます。

例えば、日本のような金利が低い国の通貨で、豪州ドルのような金利の高い通貨を買うと、その金利差を利益として得られます。

上図の青枠を見てください。
数字が大きかったり、小さかったり、あるいはマイナスの数字もありますね。
これがスワップポイントです。
このスワップポイントを狙ったトレードもあるというのを覚えておいてください。

通貨ペアは、FX会社により扱っている種類が違います。
またスワップポイントもFX会社により数字が変わってきますので、事前にホームページなどでチェックしておきましょう。

2.3 ロスカットとリスクヘッジ

ロスカットとは、投資したお金以上の損失になることを防ぐための仕組みです。
口座に預けた資金(証拠金)以上の損にならないよう、一定の割合を下回ると、システムが強制的に決済をします。
大きな損失を抱えることがないように、守ってくれるシステムです。

ただしこのロスカットも、以下のようなリスクにおいては機能せずに、投資したお金以上の損失を被ることもあり得ます。

・レートの急変動
・ポジションを持ち越した場合の窓開け
・FX会社によるシステムエラー

またFXには5大リスクと呼ばれるものがあります。

1. 為替・金利変動リスク
2. 信用リスク
3. 流動性リスク
4. 取引システムリスク
5. レバレッジリスク

FXには多くのリスクがあるのがわかりますね。
大切なお金をなくさないために、準備しておくこと(リスクヘッジ)が重要です。

・レバレッジをかけすぎない
・損切りは必ず設定する
・政治や経済情勢が不安定な国の通貨は取引しない
・大きく動きそうな時は、週をまたいでポジションを持ち越さない
・FX業者は複数用意しておくこと
・流動性の高い通貨ペアでトレードする

上記を意識するだけでも、グッとリスクは減ります。
FXではロスカットにならないように、リスクから資金を守りながら、トレードをするのが鉄則です。

3. FXのメリットとデメリット

FXのメリットとデメリットの画像

FXで成功するためには、メリットだけではなくデメリットも理解しておくことが重要です。
なぜなら勝ち続けていくには、いかにリスクを回避していくかというのが大切だからです。
一つずつ見ていきましょう。

3.1 FXの醍醐味はレバレッジにあり

FXの一番の魅力は、少ない資金で大きく投資できる【レバレッジ】にあります。

レバレッジとは、口座にある資金(証拠金)の何倍もの取引ができる仕組みのことをいいます。

国内のFX会社では、手持ち資金(証拠金)の最大25倍で投資ができます。
例えば、4万円の資金しかなくても、100万円分の投資ができるということです。

このレバレッジをうまく利用すれば、少ない資金で大きくお金を動かし、効率よく利益を上げられます

一方で、デメリットもあります。
それはレバレッジをかけすぎると、一気に資金を失うリスクがあるということです。
レバレッジとリスクは、切れない関係にあるので、レバレッジをかければかけるほどリスクは高くなります。

FXの醍醐味はレバレッジにあるとはいえ、FX初心者はなるべく低く設定することが大切です。

3.2 金利差利益スワップポイント

スワップポイントは、2カ国間の金利差から得られる利益のことでしたね。
高金利の通貨を買って、持ち続けるだけで毎日受け取れるので、初心者にも魅力的な投資方法だといえるでしょう。

ただしスワップポイントには、次の2つのリスクがあります。

①金利変動のリスク

スワップポイントは、どちらかの通貨の金利が変われば、受け取れるポイントも変わってしまいます。
通貨ペアの金利差が縮小したり、逆転したりすると、受け取る金額が減る可能性もありますし、ヘタをすれば損をするリスクもあります。
国の金融政策は、世界情勢や経済状況によって変わる可能性があることを理解しておきましょう。

②為替変動のリスク

いくらスワップポイントで稼いでいても、為替の動き次第ではトータルで損をしてしまう可能性があります

例えば、豪ドル円を90円のときに、1万通貨分の買いポジションを保有したとします。 スワップポイントが1万通貨あたり50円つくと仮定すると、1年間では50円×365=18,250円がもらえる計算です。

しかし仮に円高に振れて、豪ドルが85円になってしまったたどうでしょう? 5万円の為替差損となり、スワップポイント分を含めても約3万円の損です。

このように、毎日ポイントが付与されてるといっても、為替変動のリスクがあることに注意が必要です。

3.3 24時間売買可能なマーケット

FXは株式投資と違い、24時間いつでも取引ができます
そのため、会社員や忙しい主婦の方でも、自分のライフスタイルにあわせてトレードできるのが大きな魅力です。

また、為替の値動きが大きくなるのは、ロンドン市場が開く夕方やニューヨーク市場が開く21時以降が多いので、仕事や家事が落ち着いたタイミングでも稼ぎやすいといえます。

ただし、いつでも取引ができるがゆえに、トレードを何度もしたり、適当にトレードしてしまったりする危険があります。

トレードだけに集中する時間を決めたり、1日にエントリーをする回数を決めたりとルールを作ることが大切です。

3.4 その他のFXに潜むメリット・デメリット

これまでFXの大きな特徴をみてきましたが、他にもFXには、次のようなメリット・デメリットがあります。

買いでも売りでも利益をだせる

FXは、『買い』・『売り』どちらでも取引ができます

「安く買って、高く売る」のが基本の株式投資と違い、FXは相場が上がっても、下がってもどちらでも取引が始められます。

重要

FXのメリットデメリットの図

自由度が高いので、その分チャンスもあるということですね。

ただしチャンスが多いがゆえに、判断を誤ってしまうこともあります。 例えば、トレードするタイミングでもないのにチャンスと思い込んでしまったり、チャンスを逃したくないと慌ててトレードしてしまったりすることがあります。

だからFXのトレードは、『欲』との戦いともいえますね。

手数料が安い

投資信託や外貨預金と違い、FXは手数料が安いというメリットがあります。

ほとんどの国内FX会社では、『スプレッド』が、売買手数料の役割をはたしています。
スプレッドとは、『通貨の売値と買値の差』のことです。


FXの手数料が安いの図
(出典:DMMFXの取引ツールより)

上記は、米ドル/円のレートです。
よくみると、『Bid』と『Ask』という文字が表示されていますね。
Bid(ビッド)とは、売る時の値段です。
一方、Ask(アスク)とは買うときの値段を表しています。

このケースで仮に、113.320円(Ask)で買って、すぐに売っても113.317円(Bid)しか返ってきません。
つまり、売値(BID)と買値(ASK)の差である0.003円が、FX会社の利益となっているということです。

注意点として、スプレッドはFX会社により変わってきますし、通貨ごとにも違います

スプレッドが安定しているFX会社や、約定スピードが早いFX会社、値動きが激しくなると、急にスプレッドが広がったりする会社など、それぞれ特徴があります。

そのため、FX会社が選ぶ際には、トレードスタイルやスプレッド・安定性などを考えて選びましょう。

4. FXで成功するための心得

FXの心得の画像

FXで成功するには、トレードルールや資金管理を勉強するより前に大切なことがあります。
いくらFXの勉強をしても、相場にのぞむ姿勢が間違っていれば、いつまでも上達はしません。
ここでは、FXで成功するための心得について解説します。

4.1 FXは投機(ギャンブル)ではなく、投資(ビジネス)である

あなたがこれからFXで成功するには、『FXは投資(ビジネス)である』という姿勢が大切です。

なぜなら、FXはギャンブルとは違い、投資のように詳細な分析をおこない、優位性があるトレードを続けることで、勝てるようになるからです。

例えば、私の場合はトレードをする前に、下記の流れで分析を続け、徐々に安定して勝てるようになりました。

①週足、日足、4時間、1時間足による相場の環境認識
②ポジションを持つ場合のシナリオ(数パターン)
③リスクリワードの計算
④ロット調整(資金管理)

FXの分析の図1 FXの分析の図2 FXの分析の図3

これを通貨ごとにやるわけですから、非常に時間はかかります。 しかし、この相場の分析を続けることで、価格が上(下)に動きやすいポイントがわかるようになりました。

つまり優位性のあるポイントです。

上がるか下がるかのギャンブルではなく、少しでも優位性があるポイントで、リスク(損)に対して得られるリワード(利益)が大きければ、資金を投じる理由となりえます。

私がここまでするのには、『FXは投資(ビジネス)である』という認識をもたないと、FXで成功をおさめるのは難しいと気づいたからです。

4.2 まずはFXの知識と経験を蓄えよう

多くのサイトでは、
「FXは副業に最適」
「初心者でも稼ぎやすい」
などと書いてあります。

しかし、現実はFXを始めた8割近い人が損をしているといわれています。
その多くが『楽に、カンタンに、早く』稼ぎたいというギャンブル思考があるからです。
相場を予測するのはプロでも難しく、「上がりそうだから買う」「下がりそうだから売る」では、勝ち続けることはできません。

だからこそギャンブル的要素を排除して、安定して稼いでいく必要があります。
そのためにやることは、正直に言って非常にたくさんあります。

下記は私が、必要だと思う勉強の項目です。

1. 準備(FXの基本を知る)
2. 自己啓発(チャートの見方などを勉強する)
3. トレードスタイルを作る
4. 市場の特徴を知る
5. ルール作り(資金管理・売買ルール・心理)
6. 実戦と検証の繰り返し

ほとんどの人(過去の私も含めて)が、この手順をすっ飛ばして『6.実戦』にいきなり入っていきます。

いかに相場を甘く見ているかわかりますよね?

つまり、突然うまくなることはありません。

ガッカリしましたか?

それでも、FXに関する正しい知識と経験(検証)を積むことで、徐々に勝てるようになってきます

4.3 蓄えた経験を元に勝てるトレードをあみだそう

最初は、ネットや書籍に書いているトレードルールを使って取引をするかもしれません。
または、有料などのシグナルツールを使う人もいるでしょう。

いずれにせよ、ハッキリとわかっているのは、誰もが多くの失敗を重ねていくということです。
失敗と改善を、繰り返し経験することで、自分にあったトレードスタイルや手法が生まれてきます。

下図は、私がFXを始めたばかりのころのチャートです。
書籍に書いてあったことを、そのまま表示していました。

FXの分析の図1

そして現在が、次の図です。
基本的には水平線ラインと価格の値動きだけのシンプルなトレードとなりました。

FXの分析の図2

当然ここに至るまでには、手法を探したり、ルールを変えたりを何度もしました。
もちろん資金も飛ばしています。

心が折れそうになったことも数知れずですが、それでもFXの勉強を続け、過去のチャートで検証して経験をつむことで、安定して勝てるようになったのです。

結局、自分のスタイルにあったトレードは、経験(検証)を積みながら作り上げていくしかありません

システムツールや自動売買ソフトを利用する場合でも同じです。
相場環境に合わせたツールやソフトを、自分で選ぶ必要があるからです。
つまり、環境認識が欠かせないということですね。
環境認識を養うには、やはり経験を積む必要があります。

楽をして勝ち続けている人はいません
逆をいえば、努力を惜しまなければFXで勝てます

5. まとめ

FXとはまとめ画像

いかがだったでしょうか?
この記事では、FX初心者が勝つために必要な基礎知識をご紹介しました。

【FXの基礎】
・FXとは『通貨と通貨の交換(売買)』
・儲けた金額と同じだけ損をした人がいる
・取引をするときには『通貨ペア』を選ぶ必要がある
・『為替差益』か『スワップポイント』を狙う2種類のトレード方法
・ロスカットにならないために、リスクヘッジを心がけることが大切

【FXのメリット】
・FXには、少ない資金で大きく投資できる『レバレッジ』がある
・スワップポイントで安定した収益も狙える
・平日24時間いつでもトレードできる
・『買い』『売り』どちらでもトレードできる
・手数料が安い

【FXのデメリット】
・レバレッジをかけるだけリスクは高くなる
・スワップポイントは、為替と金利変動に注意
・ギャンブルトレードをしてしまう
・FX会社は、トレードスタイルに応じて慎重に選ぶ必要がある

【FXで成功するための心がまえ】
・『FXは投資(ビジネス)である』という姿勢でのぞむこと
・まずは『知識』と『経験(検証)』を身につける
・『経験(検証)』をもとに勝てるトレードを磨いていく

FXは楽して稼げるほど甘いものではありません。
スポーツと同じで、実力差がハッキリとしている世界です。
勝っているトレーダーは、それがわかっているので、知識や経験を積む努力を怠りません。
言いかえれば、努力を惜しまない人なら誰でも成功できるのがFXです

本記事がその成功の第一歩になれば幸いです。

この記事のライター

水落 あきみねの写真

水落 あきみね

1977年兵庫県生まれ。2000年大学卒業後にIT会社に入社。12年間勤めた会社を退職して、自営業を始める傍らFXを始める。相場の世界に入って6年になる兼業トレーダーで、水平線やトレンドラインだけを使ったシンプルなトレードを得意としている。信条は「最もうまく負けることができる人が勝つ」