FX初心者むけ少額投資のすすめ!1通貨最低4円から始めるFX入門

突然ですが、あなたはFXで「始めてみたいけどお金を失うのが怖い」「投資できる余裕なんてない」「勝てる自信がない」とお考えではありませんか?

そこでおススメしたいのが『少額投資』から始める方法です。
なぜなら少額なので、お金を失うリスクが少なく、かつルールを守りながらトレードできるからです。
そしてFXには、少額からでもお金を増やせる仕組みがあります。

私自身、FXを始めた当初はうまくいかず、少額からやり直したことで、規律を身につけ安定して勝てるようになりました。

そこでこの記事では、FXの少額投資に必要な金額や考え方について解説します。
この記事を読むことで、なぜFX初心者には少額投資が向いているかを理解できます

1.FXはいくらからトレードできるのか

fxは4円で始められる

FXを始めるときには、いくらからトレードできて、自分はいくら投資できるのかを考えることが重要です。
ここでは、FXの投資に必要な最小取引単位や少額でも始められる仕組みを解説します。

1.1 4円で始められる?FXの最小取引単位

FXを始めるには、一定の資金(証拠金)が必要です。

「投資できるようなお金なんてもっていないよ」
とお悩みかもしれませんが、FXには『レバレッジ』という仕組みがあり、少額からでも取引ができます。

またFXで取引できる最小単位は、FX会社ごとに違います。
これまでは10,000通貨が一般的でしたが、最近では1,000通貨や1通貨単位で取引できる会社もあります。

1,000通貨単位で取引できるFX会社であれば、必要な証拠金は4千円〜5千円からです。
1通貨単位から取引できる会社であれば、たった4円からでも取引ができます。

会社名最小取引単位
SBIFXトレード画像1通貨
OANDAの画像1通貨
MoneyParnersnの画像100通貨
Gaitame onlineの画像1,000通貨
YJFX!の画像1,000通貨
DMMFXの画像10,000通貨
GMOクリック証券の画像10,000通貨

代表的なFX会社の通貨単位

このように、FX会社により最小取引単位はマチマチです。
「最初は少ない投資額で始めたい!」という方は、最小取引単位が少ない会社を選びましょう。

1.2 少額からでも始められるレバレッジという仕組み

FXには少額でも始められる、【レバレッジ】という仕組みがあります。

レバレッジとは、口座にある資金(証拠金)の何倍もの取引ができる仕組みのことをいいます。
国内のFX会社では、資金(証拠金)の最大25倍で投資が可能です。
例えば、このレバレッジを利用することで、仮に4万円の資金しかなくても、100万円分の投資ができるのです。

先ほど説明したとおり、FX会社の多くは、1,000通貨や10,000通貨単位からの取引ができるようになっています。
通常であれば資金として、10万円〜100万円を用意しなければいけないところ、このレバレッジの仕組みにより少ない資金で取引が可能となるのです。

このようにFXでは、レバレッジを利用して、少ない資金で大きくお金を動かし、効率よく利益を上げられます

もちろんデメリットもあります。
それはレバレッジをかけすぎるほど、早く資金を失うリスクがあるということです。

レバレッジとリスクは、切れない関係にあるので、レバレッジをかければかけるほどリスクは高くなるということを覚えてきましょう。

2. なぜFX初心者に少額投資が向いているのか

fx初心者に少額投資がむく画像

FX経験者の多くは、10,000通貨単位で取引しています。
しかし、FX初心者がいきなり10,000通貨単位で運用するにはリスクが高いといえます。
まずは『少額投資』でのトレードから検討してみましょう。
ここでは、少額投資が初心者に向いている理由やおススメの通貨単位をご紹介します。

2.1 FX初心者に少額投資が向いている理由

FX初心者に少額投資が向いている理由は、主に2つあります。

・心理的負担が少なく、リアルなトレードを学べる
・長く相場と向き合える

なぜこの2つが重要なのかを説明します。

心理的負担が少なく、リアルなトレードを学べる

FXで成功するために大切なのは、【自分で決めたルールどおりにトレードする】ことです。
しかし、FX初心者にはこの『ルールを守る』ということができません。
なぜなら、お金が絡むと「お金を失いなくたい」「もっと稼ぎたい」など、『欲』がでてきしまうからです。

例えば、
・ロスカットを設定しない、ズラしてしまう、解除する
・エントリールールを無視して、トレードしてしまう
・過剰な通貨単位で運用してしまう

など、実際にお金を運用した場合に、心理面に負荷がかかってしまい、ルールを守れないのです。

デモトレードでも同じ画面で取引できます。
しかし、実際にお金を失う怖さやルールを守る難しさは、リアルトレードでしか学べません
ただし、いきなり10,000通貨などで運用すると心理的負担があまりに大きすぎて、リスクが高いといえます。

その点少額であれば、心理的負担が少なく、自分で決めたルールを守ることに集中できます
そのため、最初は少額でトレードをおこない、ルールどおりに取引できる心理状態を作りながら、少しずつ取引通貨を増やすことが重要です。

長く相場と向き合える

FXは、上達するのに『知識』と『経験』が必要です
学ばなければいけないことは多く、経験(検証)を積むのにも時間はかかります。
多くのFXサイトで書いているような、カンタンに稼げるものでは決してありません。

しかし初心者の方の多くが、このことを知らずに最初から稼ぐことばかりに目がいってしまいます。
そのためレバレッジをかけすぎたり、無理なトレードを繰り返すギャンブルトレードになってしまいます。
結果、資金を失い相場の世界から退場してしまうのです。

もちろん最初から知識と経験が豊富なわけではないですから、時間をかけて自己の能力を高めていく必要があります。

そのために重要なことは、リスクを最小限に抑え、長く相場の世界で生き残ることです。
少額投資であればリスクは少なく、再スタートも容易です。
長く相場と向き合うことで、知識と経験を積めます。

2.2 4000円から始める1000通貨のすすめ

冒頭でも説明しましたが、少額投資は1通貨単位であれば、4円からでも始められます。

しかしながら、私がおススメするのは1,000通貨からです。
なぜなら1通貨や100通貨単位では、金銭の動きが少なく緊張感をもったトレードができないからです。
そういう意味ではデモトレードと大差ありません。

一方、1,000通貨で1カ月も取引すれば、数千円の動きにはなります。
つまり、緊張感を維持しながらリアルトレードを学ぶには、最適な通貨単位といえるでしょう。

1,000通貨単位で取引するには、だいたい4,000円から始められます。
ただし、それはレバレッジを最大25倍にしての運用の場合なので、余裕をみて1万円といった金額で始めるのがいいかと思います。

また、最近では1,000通貨で取引できるFX会社も増えてきましたので、選択の幅が広がって嬉しいですね。

3. 初心者むけFXのお勧めの始め方

fxデモトレードからの画像

少額といっても、やはりいきなりFXでトレードを始めるのは怖いですよね?
どんなに金額が小さくてもギャンブルをするわけではありませんから、リアルトレードに入る前にはある程度の段階を踏んだほうがいいでしょう。
そこで、初心者向けのFXの始め方をご紹介します。

3.1 デモトレードを始めてみよう

「習うより慣れろ」とはいいますが、慣れる前にお金を失っては意味がありません。 ですから、FX初心者の方は、デモトレードから始めましょう。

FXのデモトレードとは、仮想通貨を運用して本番さながらの取引ができるシステムのことで、ほとんどのFX会社には、このデモトレードの機能が備わっています。

チャートや注文画面・注文方法は、FX会社により違うので、まずはデモトレードで、FX取引に慣れることが大切です。

また取引画面やチャートに表示できるインジケーターツールなど、FX会社ごとに使い勝手が変わります。
デモトレードをする際は、複数のFX会社でテストをしてみてください。

3.2 本、セミナー、ブログなどで学びながら勝てるトレードを探ろう

デモトレードで練習する際に大切なことは、【トレードルール】を作ることです。
なぜなら、FXで利益をだしていくには、トレードルールが必要だからです。
これがなければ、ただの『ギャンブル』となってしまいます。

ただトレードルールと聞いても、初心者の方にはどうしたらいいかわからないと思います。
そこでまずは、書籍やブログなどで情報を仕入れてみましょう。
今ではネットの普及により、多くのトレードルールが紹介されていますし、当サイトでもチャートパターンなどの紹介もしていますので参考にしてみてください。

最初のうちは、エントリーポイントや損切りラインなどシンプルなトレードルールで構いません。
まずはデモトレードで試してみて、利益が残せるかどうか、自分のスタイルに合っているかどうかなど確認してみてください。

このトレードルールを作るうえで最も重要なことは、【トータルで利益を残せるルール】であるということです。
まずは月単位で『負けない・利益が残る』ルールを、一つでもいいので作ってみてください。

「このルールで取引を続ければ、トータルで負けない」
というのを、デモトレードで検証して作っていくという意識が大切です。

一つでも得意なパターンやルールができたら、また学習して腕に磨きをかけることをくり返すことで、少しずつエントリーパターンや環境認識が身についてきます。

3.3 少額のリアルトレードを始めよう

デモトレードで取引画面の操作に慣れ、トレードルールの検証が終わったら、少額でリアルトレードをしてみましょう。

もちろん、デモトレードで利益が残せたといっても、本番で勝てるとは限りません。
その一番の要因は、実際にお金が絡む恐怖からです。

デモトレードでは守れていたトレードルールも、お金が絡むと突然崩れしまう可能性があります。
1,000通貨ではトレードルールどおりできたのに、2,000通貨だと守れなくなってしまうこともありえます。

どれぐらいの金額で心理的負担がくるかは人それぞれですから、それはリアルトレードで把握するしかありません

仮にトレードルールどおりに取引して、利益が残らなければ、トレードルール自体を見直す必要がありますし、ルールを破ってしまうのであれば、どういった状況(金額・値動きなど)で守れなくなるのかを理解する必要があります。

そういった点はリアルトレードでしか学べませんし、この経験が将来FXで成功する大きな財産です。
ですから、まずはデモトレードで操作に慣れ、ルールの検証ができたら、低リスクの少額投資で経験を積んでいきましょう

4. まとめ

fx少額投資のまとめ

本記事のまとめです。

【FXはいくらからトレードできるのか】

・最小取引単位は、FX会社ごとに違う。1通貨単位で取引できる会社であれば、FXを4円からでも始められる
・FXにはレバレッジの仕組みがあるので、少ない資金でも大きな取引ができる

【なぜFX初心者に少額投資が向いているのか】

・リスクでリアルトレードが学べる
・相場の世界に長く残ることで知識と経験が身につく
・少額投資は、1,000通貨がおススメ

【初心者むけFXの始め方】

・すぐに実戦に入らず、まずはデモトレードで操作に慣れる
・書籍やネットで知識を増やし、デモトレードで検証する
・トータルで利益を残せるルールを作る
・ルールをリアルトレードで試していく

FXはお金が増えるのは早いですが、失うのもアッという間です。
初心者の方の多くがお金を失ってから、投資に向き合う大切さに気づきます。
そうならないように、まずは少額投資でリスクを抑えながら、学んでいくのが重要です
本記事が、これからFXを始める方の参考になれば幸いです。

この記事のライター

水落 あきみねの写真

水落 あきみね

1977年兵庫県生まれ。2000年大学卒業後にIT会社に入社。12年間勤めた会社を退職して、自営業を始める傍らFXを始める。相場の世界に入って6年になる兼業トレーダーで、水平線やトレンドラインだけを使ったシンプルなトレードを得意としている。信条は「最もうまく負けることができる人が勝つ」