OCO注文とIFD注文って?押さえておきたい便利な利用法!

2019.03.15

大切なトレードチャンスは逃したくないですよね?
けれども私たちには仕事や家庭がありますから、なかなかトレードできるタイミングでチャートを見られるとは限りません。

そこでご紹介したいのが、OCOIFDといった注文方法です。

この注文方法は自動で、注文や決済をしてくれるので、忙しい方や利確・損切りが苦手な方などにオススメです。

私自身FXを始めた頃、損をしたくないばかりに損切りをせずに余計な損失を増やしたり、少しの利益で怖くなって決済をしたりと、頭を抱えていました。
そんな悩みを解決してくれたのが、OCOやIFDといった注文方法でした。

難しいイメージがあるOCO注文やIFD注文ですが、仕組みさえ知っていれば非常にシンプルです

そこでこの記事では、OCO注文とIFD注文についてわかりやすく解説していきます。
また便利な利用法についてもご紹介しますので、ぜひ活用していきましょう。

1. OCO注文とは?

FX-oco注文の画像

FXには大きく分けて3つの注文方法があります。

・成行(なりゆき)注文
・指値(さしね)注文
・逆指値(ぎゃくさしね)注文

3つの注文方法については、以下に詳しく書いてありますのでご覧ください。

注文方法

非公開: 【成行・指値・逆指値】FX初心者が覚えるべき3つの注文方法! 今回は、これからFXを始めようと思っている方や初心者の方に、まず知っていただきたいFXの基本の注文方法について解説したいと思います。3つの注文方法【成行注文】、【指値注文】、【逆指値注文】をどういう状況のときに使えばよいか、分かりやすく説明しています。この機会にぜひ覚えてください。


この3つのうち、指値注文逆指値注文予約注文とも呼ばれています。
OCO注文やIFD注文は、この予約注文を利用した方法です。
ではその仕組みを見ていきましょう。

1.1 OCO注文って?

OCO注文(One Cancels the Other)とは、一方の注文が成立したら、もう1つの注文がキャンセルされるという注文方法です。

OCO注文は、新規注文と決済注文どちらにも利用できます
2つのケースをみていきましょう。

1.2 OCO注文で新規のポジションを持つ場合

OCO注文で新規のポジションを持つ場合は、トレンドの方向が決まるポイントやレンジから抜けるポイントで注文をしたいときに有効です。

例えば、現在の相場が1ドル112円とします。

fx-OCO注文図1

この時に、
・113円を抜けたら上昇相場と判断して買う
・111円を割ったら下降相場と判断して売る
このような判断でトレードをしたい場合にOCO注文が利用できます。

この場合は、【113円に新規の買い逆指値注文】と【111円に新規の売り逆指値注文】を設定しておきます。

どちらか約定すれば自動的に、もう片方はキャンセルですから手間が省けますよね。

レンジを抜ければ、大きく動くというのはFXではよくある話です。
トレードできるポイントがわかっていればOCO注文は便利といえます。

1.3 ポジションを持っている場合の活用法

OCO注文を利用したトレードで多いのが、すでにポジションを保有している場合です。
この場合は、利益確定や損失の限定などの決済方法として利用されています。

fx-oco注文図2

例えば1ドル112円で買いポジションを保有していて、現在の相場が1ドル114円だとします。

利益確定目標が115円だとすると【115円に売り指値注文】を設定し、下がってきた場合のために【113円に売り逆指値注文】を設定しておきます。

こうしておけば「1円の利益」を最低限確保しながら、当初の目標である115円も狙えますよね。
115円または113円いずれかに到達すれば、もう片方の注文はキャンセルされます。

事例では利益確保での使い方を紹介しましたが、損失限定の場合も考え方は同じです。
【利益確定目標の指値注文】と【損失限定の逆指値注文】のOCO 注文をだしておけば、想定と反対に動いたとしても損失を抑えることができます。

OCO注文はポジションを持った後に、仕事や家庭の事情でチャートが見られなくても、狙っている利益や損失の拡大を防げますから積極的に活用したいですよね。

2. IFD注文とは?

FX-IFD注文の画像

OCO注文と同じで、利用されることが多い予約注文がIFD注文です。
ここからは、IFD注文がどういったものなのかという点について説明していきます。

2.1 IFD注文って?

IFD注文とは「If done (もし〜になったら)」の略したもので、イフダン注文ともよばれます。
新規注文と決済注文をセットで注文する方法です。

例えば1ドル112円になったら新規で買い、114円になったら売る(決済)という注文をセットでだすことができます。

このIFD注文を活用すれば、注文から決済まで自動的にすることも可能です。
また新規注文と損切り注文はシステムで自動的にして、利確は手動でするときにも使えます。

それでは実際の活用事例を見てみましょう。

2.2 IFD注文で利益確定を行おう

IFD注文はレートを常に見ていなくても、一度の発注で取引を完了できます
なぜなら、注文から決済まで自動で行ってくれるからです。

FX-ifd注文図1

例えば1ドル113円のときに、【112円で新規の買い指値注文】を発注したとします。
IFDは新規注文と決済注文がワンセットなので、ここでは【114円で売りの指値注文(決済注文)】を発注したとしましょう。

その後価格が112円まで値が下がると、自動で新規注文が約定します。
あわせて決済注文も発動されますので、新規注文が約定した後は決済されるまで待つだけです。

このようにIFO注文は、忙しくてチャートを見られない方や夜中の動きを逃したくない方などにも使える便利な注文方法です。

2.3 IFD注文で損切りを行おう

IFD注文は利益確定にも使われますが、多くのトレーダーが活用しているのが発注と損切りを同時にだす方法です。

先ほど見ていただいた事例のように、相場が予想通り目標利益まですんなりいってくれるとうれしいですね。
しかし、実際の相場の世界はそんなに簡単ではありません。
自分の相場予想が外れることもよくあります。

そんなときにIFD注文は非常に有効です。
決済注文にストップ注文(損切り)を設定しておくのです。

FX-ifd注文図2

例えば1ドル113円のときに、【112円で新規の買いの指値注文】を発注したとします。
このときに損失の許容範囲を1円と決めて、【111円に売りの逆指値(ストップ注文)】を発注します。

その後価格が112円まで下がれば、買いの新規注文が約定します。
112円から上がっていく(円安)と想定していましたが、予想が外れ下がってしまいました。

1ドル111円になったところで、自動的に決済注文が約定し、損失が確定します。
利益になると思っていたトレードが、結局損失となり悔しい思いをするかもしれません。
しかし、この相場がさらなる円高に向かっているとしたら、最低限の損失に抑えることに成功したともいえます。

こうすることで注文した後に、予想とは反対方向に動いたとしても損失を抑えることができます
もし相場が予想通りに動いてくれた場合は、任意のタイミングで決済することで対応できます。

3. IFDとOCOを組見あわせた注文方法「IFO注文」

FX=IFO注文の画像

IFO注文は、IFD注文やOCO注文よりも使い勝手のいい予約注文です。
相場にあわせて使いこなせば、あなたの力強い味方となるでしょう。

3.1 IFO注文とは?

IFO注文とは、OCO注文とIFD注文を組み合わせた注文方法です。
そのため別名「イフダン・オーシーオー注文」とも呼ばれています。

新規注文と同時に「利益確定注文」と「損失限定のための決済注文」の2種類をワンセットで発注できます。
つまり、IFDとOCOのいいとこ取りですね。

3.2 IFO注文の活用法

IFO注文は、新規注文が約定した後の次のシナリオを想定して発注します。

・新規注文が約定した後に、利益確定の目標まで行くケース
・新規注文が約定した後に、目標まで届かず損失となるケース

例えば1ドル113円のときに、

FX-ifo注文図1

①新規の買い指値注文(112円)
②新規の買い注文が約定した場合の、利益確定の決済注文(114円)
③新規の買い注文が約定した場合の、損失限定の決済注文(111円)

このようにシナリオを立てて発注したとします。

112円になれば新規の買い注文①が約定します。
その後想定通り114円になれば、②の決済注文が成立し2円の利益です。

逆に新規の買い注文①が約定した後に、想定とは違い円高に向かってしまい111円になれば、③の決済注文が成立し1円の損失です。
しかし、③の決済注文があったおかげで損失を限定することができました。

このようにIFO注文は、新規注文とセットで2種類(利益確定・損失限定)の決済注文をだすことができます
だからどんなに忙しくてチャートが見られなくても、シナリオ通りのトレードが自動的にできるようになる優れた注文方法といえるでしょう。

4. それぞれの注文方法のお得な使い方と注意点

FX注文方法のポイントの画像

ここからはOCO・IFD・IFOのそれぞれの注文のポイントや注意点についてご紹介します。

4.1 OCO注文はサポートやレジスタンスラインを意識しよう

サポートラインやレジスタンスライン付近は、大きな値動きがあるポイントです。
なぜなら、多くのトレーダー達の注文や損切りが設定されているからです。

そのためOCO注文を使って新規の注文を行う場合は、サポレジライン付近を意識するのが大切になってきます。

『1.2』で見ていただいた事例も、サポレジラインを抜けたら大きく動くだろうと想定したOCO注文でした。
さらに、この考え方にもとづいたOCO注文の活用例として、レンジ圏内の逆張りがあります。

例えば、現在1ドル113円とします。
レートが当面は同じ112円〜114円のレンジ圏で推移すると予想した場合に、112円まできたら「買い」、114円まできたら「売り」の新規注文をOCO注文で行います。

FX-ifo注文図2

『1.2』の事例が、抜けたら大きく動くとの考えで注文されているのに対して、こちらは「何度も抜けていないから、今度も抜けないだろう」との考えで注文されています。

サポートラインやレジスタンスラインの強弱に関しては、過去に何回も抜けていないほど強いラインと想定できます。
これからの値動きだけを予想するだけでなく、過去の値動きもしっかりとチェックしておくことが必要ですね。

OCO注文の注意点

OCO注文の注意点は、新規注文でポジションを保有した場合は、再度決済注文を設定する必要があることです。
そのためポジション保有後、決済注文を設定する前に急激な動きがあれば含み損を抱える恐れがあります。

リスクを下げたい場合は、IFO注文を検討してみてもいいかもしれませんね。

4.2 IFD注文を活用して損小利大のトレードを目指そう

IFD注文でおススメの注文方法は、【新規指値の注文】+【逆指値注文】の組み合わせです。
つまりは注文と損切りを自動にして、利確は手動で行うということですね。

相場で生き残っていくには、いかに損失を抑え利益を伸ばしていくか(損小利大)にかかっています。

IFD注文は、利益を伸ばせるところまで伸ばすという考えに最適です。
なぜなら利確が手動なので、大きなトレンドが発生したら利益に結びつけることが可能だからです。

一方で損切りはシステムが自動的にしてくれるので、リスクを限定できます。
当然損失を限定することで勝率は下がりますが、損小利大のトレードを心がけていれば、トータルで利益を伸ばすことができるでしょう。

IFD注文の注意点

損小利大を狙ったトレードができるのが、IFD注文のメリットです。

しかし、注意点があります。
それは定期的にレートチェックをしなければいけないということです。
なぜなら、利益確定の決済注文は自分でやらなければいけないからです。

あなたが忙しくてチャートをまったく見られないのであれば、日足などのスイングトレードを取り入れてみたり、手動の決済はせずにIFO注文で対応を考える必要があります。

4.3 IFO注文はリスク:リワードを意識しよう

IFO注文は、OCO注文とIFD注文のメリットを足した注文方法でしたよね。
忙しい方だけにとどまらず、FX初心者の方にもぜひ使って欲しいと思います。

なぜなら、システムが注文から決済まで自動でしてくれるからです。

FXで利益を残せない方の多くが、
・感情でトレードを繰り返す
・損切りできない
・薄利で決済してしまう

ほぼこの3つが当てはまります。

IFO注文を活用することにより、これら3つの問題が解決できるのです。
新規で発注する価格と2種類の決済(利益確定・損失限定)価格を指定できるので、無駄なトレードや余計な損失を防げます

IFO注文で注文するときのポイントですが、決済注文はリスク:リワードを意識することです。

例えば、113円で新規の買い注文をしたとします。
目標利益が1円だとすれば、利益確定の決済注文は114円です。
一方で損切りを1円としたら、損失限定の決済注文は112円ですよね。

この場合のリスク:リワードは、ともに1円ずつなので1:1です。
同じ比率のトレードを続けたら、最低でも勝率50%以上確保しないと利益になりません。

プロのトレーダーでも勝率50%は厳しいといわれる世界で、初心者の方がそれ以上の成績をだし続けていくなんて難しいと思いませんか?

仮にリスク:リワードが1:2であれば、勝率33%でもトントンにもっていけるのです。
もちろん現実離れしたリスク:リワードはダメですよ。
私はリスク:リワードが、1:1.5以上見込めない環境であればトレードを見送っています。

当然FXを始めたばかりの頃は、リスク:リワードをどれぐらい見込むか判断は難しいですが、最低でもリスク割合の方が高いということは避けましょう。

わざわざIFO注文を利用しているのに、損をしたくなくて決済注文を遠くに設定したり、変えたりしてはいけません。
しっかりとルールを守り続けていればトレードのパフォーマンスも間違いなく上がっていきます。

まとめ

FX-注文方法まとめ画像

OCO注文やIFD注文を利用すれば、仕事や家庭で忙しい方でもトレードができます。
また、利確や損切りといった決済が苦手な方の悩みも解決してくれます。
最後に、それぞれの要点をもう一度みておきましょう。

【OCO注文とは】
・2つの注文を出して、一方の注文が成立したらもう片方の注文はキャンセルになる
・新規のポジションを持つ場合やすでにポジションを持っている場合にも使える
・利益確定や損失限定の決済方法として活用されることが多い

【IFD注文とは】
・新規注文と決済注文をセットで注文する方法
・レートを見ていなくても、一度の発注で取引を完了できる
・新規注文と損失限定の決済注文といった使い方も可能

【IFO注文とは】
・OCOとIFDのメリットを合わせた注文方法
・新規注文と2種類の決済注文(利益確定・損失限定)を設定できる
・チャートを見ずにトレードを完結できる

以上が本記事のまとめです。
仕組みはシンプルですから、それぞれのポイントをおさえてトレードに取り入れてみてください。

この記事のライター

水落 あきみねの写真

水落 あきみね

1977年兵庫県生まれ。2000年大学卒業後にIT会社に入社。12年間勤めた会社を退職して、自営業を始める傍らFXを始める。相場の世界に入って6年になる兼業トレーダーで、水平線やトレンドラインだけを使ったシンプルなトレードを得意としている。信条は「最もうまく負けることができる人が勝つ」