【ダイヤモンドフォーメーションとは?】トレンド反転のサインを見極める

2019.01.12

今回は、FXにおけるトレンド反転のサインとして、ダイヤモンドフォーメーションを紹介します。

ダイヤモンドフォーメーションは、FXの上昇相場が下降に、また、下降相場が上昇に転じるサインとして有効ですが、その見極めには十分な慎重さも必要です。
ダイヤモンドフォーメーションは、相場への出現頻度はそう多くないですが、覚えておいて損のないチャート・パターンです。

1. ダイヤモンドフォーメーションとは?

fxダイヤモンドフォーメーションとは画像

まず初めに、ダイヤモンドフォーメーションの基本から勉強していきましょう。

1.1 ダイヤモンドフォーメーションとは

ダイヤモンドフォーメーションは、FXの相場に現れるダイヤモンド型(ひし形)の形をしたチャート・パターンです。

fxダイヤモンドフォーメーション図1

中央部分の形をみると、ヘッドアンドショルダーに似ていますが、明確なネックラインを引くことができない場合が多くみられます。また、右側部分は三角保ち合いかペナントのような形状です。

ダイヤモンドフォーメーションは、相場の天井や底で現れやすく、トレンド転換の可能性を示してくれるサインです。
すなわち、上昇相場でこのパターンが出現したら、上昇から下降相場へと相場の転換点が近づいていると予測し、逆に下降相場で現れたら上昇への転換が近いことを意識すべきです。どちらのパターンも、その意味や働きは同じです。

1.2 ダイヤモンドフォーメーションのパターンと実例

ダイヤモンドフォーメーションは、売りの力と買いの力が拮抗している状態を示しています。このチャート・パターンが続いている間に、相場のエネルギーが蓄積されて、一旦ブレイクすると一方向に大きく動く場合があるのです。

ダイヤモンドフォーメーションは、頻繁に出現するパターンではありません。
また、綺麗なダイヤモンド型(ひし形)で現れるケースも稀です。このため、ダイヤモンドフォーメーションが出現しても気づかずに、そのままやり過ごしてしまう場合が多いといえます。

【下降転換型】

fxダイヤモンドフォーメーション図2


【上昇転換型】

fxダイヤモンドフォーメーション図3


【トレンド継続型】

fxダイヤモンドフォーメーション図4

相場の波が、安値を切り下げたと思ったら次に高値を切り上げ、その幅が増幅してきたらダイヤモンドフォーメーションを疑ってみるのがよいでしょう。

注意

ダイヤモンドフォーメーションが現れた場合でも、必ず相場が転換するとは限らず、稀に従前のトレンドを継続するパターンがあります。
また、レートが一定の値幅の範囲内を往復するレンジ相場に出現する場合がありますが、この場合はあまり意味を持っていないため、エントリーは控えた方がよいでしょう。



ダイヤモンドフォーメーションは出現頻度が少ない上、綺麗な形をしていることが滅多にないですが、次に実例を掲載してあります。

fxダイヤモンドフォーメーション図5
ダイヤモンドフォーメーションのパターンまとめ

・ダイヤモンドフォーメーションは、相場の天井や底で現れやすく、トレンド転換の可能性を示してくれるサイン
・相場の天井で出現したら上昇から下降に転換するパターン、相場の底で現れたら下降から上昇に転換するパターンで、双方とも意味は同じ
・レンジ相場でダイヤモンドフォーメーションが現れても意味がないので、誤ってエントリーしないようにしよう


2. ダイヤモンドフォーメーションの実践

fxダイヤモンドフォーメーションの実践画像

次は、今までに覚えたことを応用して、ダイヤモンドフォーメーションを実戦で活用してみましょう。 ここでは上昇相場から下降相場に転換する例により説明しますが、逆の場合も考え方はまったく同じです。

2.1 ダイヤモンドフォーメーションのエントリーポイント

fxダイヤモンドフォーメーション図6

【状況説明】
上昇トレンドだった相場で売買が拮抗し始め、ダイヤモンドフォーメーションらしき形を形成してきました。
上昇トレンドが下降に転換する可能性があるため、エントリーチャンスを待ちます。

【エントリーポイント】
エントリーポイントは2つあります。

エントリーポイント1

相場が、ダイヤモンドフォーメーションの下限であるラインAを下に突き抜けたらエントリーします(青〇がエントリーポイント)。

エントリーポイント2

ダイヤモンドフォーメーションでは、相場が下限ラインを抜けた後に引き返してくる現象(リターンムーブ)が時折みられます。この場合は、直近安値のラインBで跳ね返り下限ラインAまで戻ってきました。
下限ラインAは、相場が下に抜けた後はレジスタンスライン(抵抗線)として機能するため、相場の波が下限ラインBで跳ね返されて再び下に向かうポイントでエントリーします(緑〇がエントリーポイント)。

注意

エントリーは、相場が下限ラインを「完成したローソク足」で確実に超えた、または跳ね返ったことを確認して行ってください。



ダイヤモンドフォーメーションでは、エントリーポイント2の判断は難しく経験が必要なため、慣れるまではエントリーポイント1をおすすめします。

2.2 ダイヤモンドフォーメーションの利益確定・損切の目安

fxダイヤモンドフォーメーション図7

利益確定の目安

ブレイク後に値動きする目安は、ダイヤモンドフォーメーションの最大縦幅(茶色ラインの長さ)が基準となります。
したがって、ブレイク地点から同じ値幅を見込んだ位置(青ラインX)が利益確定ラインになります。

損切の目安

損切ラインは、直近高値の少し上(赤ラインY)に設定します。
ここまで値が上がれば、高値が更新されたことになり、下降トレンドに転換するとの前提が崩れてしまうからです。また、ダイヤモンドフォーメーションを上に突き抜ける形になり、トレンド継続型になってしまうことも理由です。

3. まとめ

fxダイヤモンドフォーメーション

【ダイヤモンドフォーメーションとは】
・ダイヤモンドフォーメーションは、相場の天井や底で現れやすく、トレンド転換の可能性を示してくれるサイン

【ダイヤモンドフォーメーションのパターン】
・ダイヤモンドフォーメーションは、上昇から下降に転換するパターン、または下降から上昇に転換するパターンが多いが、稀に従前のトレンドを継続するパターンがある
・レンジ相場でダイヤモンドフォーメーションが現れても意味がないので、誤ってエントリーしないようにしよう

【ダイヤモンドフォーメーションの実践】
・エントリーポイントは、①下限ラインを超えた時、②リターンムーブが跳ね返った時の2つあるが、①がおすすめ
・エントリーは、相場が下限ラインを「完成したローソク足」で確実に超えたことを確認してから行おう
・利益確定の目安は、ダイヤモンドフォーメーションの最大縦幅と同程度
・相場が、直近高値を超えて上がったら損切しよう

ダイヤモンドフォーメーションは、相場の転換点を教えてくれるサインですが、稀に相場が転換せずに継続するパターンもあり、その動きは単純ではありません。 相場への出現頻度は多くなく、その点初心者にとっては難しいタイプのチャート・パターンといえます。
そのため、相場の流れを念頭に置きながら、その動きを十分に見極めていく必要があるでしょう。

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。