FXデモトレードとは?初心者必見!デモ口座の活用法とおすすめ会社
2018.11.23

FXデモトレードとは?初心者必見!デモ口座の活用法とおすすめ会社

FXのデモトレードとは、仮想通貨を使って本番さながらの取引ができるシステムです。
口座を開設すればFX取引を開始することはできますが、いざ始めようとすると取引ツールの使い方や、注文方法、またはどうやって勝つのかなど、疑問はつきません。
まずは、FX会社が提供しているデモトレードを使って、FXの基本を身につけることが勝利の秘訣です。

この記事では、リアルトレード開始前に確認すべきことから、デモトレードの取引の始め方やオススメのFX会社まで網羅しています。
最後まで読んで頂ければ、デモトレードの重要性を理解した上で、あなたに合ったデモ取引を開始頂けるはずです。

1.FXのデモトレードとは?

FXデモトレードとは画像

FXのデモトレードとは、FX本番とほぼ同様のトレードができるシステムです。
多くのFX会社は無料でデモトレードを提供しています。
デモトレードでは自分の資金ではなく、仮想の通貨を使用します。そのため、もし利益が出たとしても受け取ることはできませんし、損失が出たとしても支払う必要はありません。

初心者の方がいきなり、リアルトレードをするのはリスクが高すぎます。
まずはデモトレードで練習して、FX取引に慣れる必要があります。
各FX会社のデモトレードでは、取引ツールを実際に使うことができます。新規注文、決済など本番と同様です。
取引画面や操作方法は各社様々なので、積極的に練習してみましょう。

2.デモトレードでやるべきこと、注意点

FXデモトレード注意点画像

2.1 FX取引の練習をしながらトレードルールを構築しよう

FXで勝つためには、勝てるトレードルールを作る必要があります。
そのためにはデモトレードで練習を繰り返し、検証しなければいけません
トレードルールとは、例えば損失が出たときに自ら「損切り」するラインを決めたりすることです。

最低でも以下の3つはしっかりと決めましょう。
・エントリーポイント
・損切ライン
・利益確定ライン

これ以外にも、自分なりに様々なルールを付け加えていきましょう。
トレードルールは自分のトレードスタイルや資金などによって異なってきます

デモトレードで何度も何度も練習を繰り返し、勝てるトレードルールを構築してからリアルトレードを始めれば、FXで利益を出せるようになります。

2.2 アプリやツールを使って自分に合ったFX会社を見つけよう

デモトレードではFXトレードの練習だけでなく、自分に合ったFX会社を見つけるのにも適しています
各FX会社は取引ツールを開発したり、有名なシステムを使用するなど取引ツールに力を入れています。
取引ツールでは、チャート、取引環境、為替レート、通貨ペアなど実際に使うことができるので、使い心地を試すことができます。
スキャルピングやデイトレードは取引ツールが、トレードに影響するといっても過言ではありません。 使い勝手がよくないから、FX会社を変えるトレーダーもいるくらいです。
デモトレードは初心者だけでなく、経験者の使い勝手を試す場でもあります。
使い心地を試すときは、複数のFX会社でデモトレードをしましょう。 取引ツールの使用感を他社と比較することで、自分に合ったFX会社を見つけることができます。

また、PC、タブレット、スマートフォンなど実際に使用するデバイスで試してみましょう
使い勝手のよいFX会社を選ぶことは、FXで勝つためにとても重要なことです。

2.3 デモトレードの注意点

デモトレードで勝てたからといって、本番で勝てるわけではありません。
デモトレードは仮想通貨での取引なので、リアルトレードとの心理状態が全く違います。
「失敗しても資金は減らない」というリスクのない状態なので、恐れることなく取引ができます。

しかし、リアルトレードでは失敗したら損をするという環境でトレードをするため、感情をうまくコントロールできずに負けてしまうこともあります。
デモトレードはリアルトレードのようなプレッシャーがないため、本番より勝ちやすくなります。
FX取引で成功するには、いかに感情をコントロールできるかが重要になってきます。

また、もう1点気を付けなければいけないことがあります。
デモトレードとリアルトレードでは環境が異なるということです。
デモトレードでの使用感が気に入り、口座を開設してみたけれど、デモトレードのときと約定力が異なることがあります。
実際にリアルトレードを始める前に、約定力が高いFX会社かどうか確認してみましょう。

為替相場は実際に何が起こるか分かりません。
デモトレードでFXに慣れたからといって、何でもわかったような気にならず注意深く取引しましょう。

3. 自分に合ったスタイルを見つけるためにデモトレードを活用しよう

FXデモトレードですべきこと画像

それでは、「勝てるトレードルール」を作るためには、デモトレードでどのようなことをしておくべきか、ポイントをそれぞれ見ていきましょう。

3.1 決済注文~取引完了に慣れよう

デモトレードの口座を開設し初期画面を開いてみると、何やら専門用語がたくさんあって初心者の方には難しく感じますよね。 そんな状態でいきなりリアルトレードを始めても、勝てるわけがありません、 まずは、デモトレードを活用してFXに慣れましょう

取引画面

それでは、まずデモトレードの取引画面を見てみましょう。 以下は外為オンラインのデモトレード画面です。

FX-demo 外為オンライントップ

左上に数字やアルファベットが記載されてあるところが、為替レートです。
通貨ペアとかかれているところは通貨の組み合わせのことで、それぞれの通貨をアルファベット3文字で表しています。
その横の赤と青の数字が現在の為替レートです。為替レートは常に変動しているため、画面もそのたびに動いています
右上は口座状況で、真ん中はポジション(注文)状況で、下が注文中の明細です。

また、FX会社によって取引画面は異なります。
取引画面の中だけでも、専門用語がたくさんなので、まずは用語をしっかり覚えましょう。

FX用語の画像

FX初心者向け基礎用語集!全33用語でFXの基本は任せろ! このコンテンツでは、これからFXを始めたい方にFXの基礎用語をご紹介しています。 33の用語を、例をあげて分かりやすく解説しています。基礎用語は同時に重要な用語でもあるので、しっかりと覚えましょう!

注文~決済完了までの流れ

FXでの取引の流れは以下になります。

1.  新規注文(エントリー)
2. ポジションを保有
3. 決済注文(イグジット)
4. 損益確定

例えば、「買いの新規注文」をした場合、「売りの決済注文」をし、逆に「売りの新規注文」をしたら、「買いの決済注文」をすることで1回の取引が成立します。
先程説明したとおり、注文が成立しただけではFXでは取引は終わっていません。
FXでは、エントリーしてから決済注文をするまでの状況を「ポジション」を持つ、または「建玉(たてぎょく)」を保有するといいます。

FXデモトレードポジション図

ポジションを持っている間に、利益が出ているのか損をしているのか、損益状況を確認する必要があります。 また、ポジションを決済していない間の利益を「含み益」、損失を「含み損」といいます。
相場の動きを見ながら、いつ決済をするかタイミングを決めましょう。

そして、「買いポジション」を保有している場合は「売りの決済」を、逆に「売りのポジション」を保有していた場合は「買いの決済」をします。決済をしたら損益状況を確認してみましょう。

この取引全体の流れは、基本なので繰り返し練習をし、しっかりと覚えましょう。

3.2 全ての注文方法を試してみよう

せっかくデモトレードで練習することができるので、全ての注文方法を試してみましょう。
FXではたくさんの注文方法があります。
一番基本の成行注文は、FX会社によって呼び名が違い「クイックトレード」、「ストリーミング」など様々です。
スキャルピングという、超短期売買のトレードスタイルで使われる注文方法です。

指値注文現在よりも有利なレートを指定する注文方法で、スイングトレードで使われる注文方法です。

また逆指値注文は、不利なレートで売買する注文方法ですが、主に損失を抑えたいときなどに便利です。

その他にも基本の3つの注文方法を踏まえた、IFD注文、OCO注文、IFO注文などがあります。

注文方法は人によって、使いやすいと思うものが異なります。
実際のトレードで、よく分からない注文方法を使うのはリスクがあります。デモトレードで様々な注文方法を試し、それぞれを理解し自分のスタイルに合ったものを見つけましょう。
その注文方法を、使うものとしてトレードルールを作っていきます。

注文方法

【成行・指値・逆指値】FX初心者が覚えるべき3つの注文方法! 今回は、これからFXを始めようと思っている方や初心者の方に、まず知っていただきたいFXの基本の注文方法について解説したいと思います。3つの注文方法【成行注文】、【指値注文】、【逆指値注文】をどういう状況のときに使えばよいか、分かりやすく説明しています。この機会にぜひ覚えてください。

3.3 為替の値動きの感覚を身につけよう

為替レートの変動を把握するのに、チャートは欠かせない機能です。
一日でどれくらいの値動きがあるかという感覚は、実際にチャートを見ることで身に付きます。
そして、スタンダードな値動きを身につけることによって、チャートが異常な変動をしているのか、正常な変動なのかが判断できるようになります。
その判断ができれば、損切りや利益確定をどれくらいの値幅でするのか分かるようになります。

また、値動きは通貨ペアによってもクセがあります。1つの通貨ペアだけでなく、色々な通貨ペアを試してみましょう。 そして初心者の方は、最終的に2つくらいの通貨ペアにしぼって観察してみましょう。 
通貨ペアの特徴を知ることで、思わぬ失敗を防ぐことができます。
どの通貨ペアで取引するかによって、トレードスタイルの選び方も変わってきます。

そしてFXトレードでは、時間帯によっても為替相場の値動きが変わります。
為替市場は平日24時間、世界のどこかでトレードされています。
中でも、世界の3大市場といわれている「東京」、「ロンドン」、「ニューヨーク」の時間帯では値動きがとても活発になります。
特に市場の切り替わる時間帯になると、逆方向のトレンドが発生します。
まずはしっかりとチャートを観察して、値動きを身につけましょう。

3.4 資金管理の方法を見つけよう

デモトレードのうちにしかできないような、ハイリスクなトレードをあえてしてみましょう。 大負けすることによって、その失敗パターンから資金管理を学ぶことができます。
そして、それを自分なりのルールとすることができます。デモトレードで失敗しても1円の損失にもなりません。

FXで利益を上げるために、一番重要なのは資金管理です。
そして、資金管理にとても大切なのは損切りです。
損切りとは、現在保有しているポジションの含み損が出たときに、これ以上大きくならないように自ら損失を抑えるテクニックです。
この損切りができるかどうかが、FXの勝敗を決めるといっても過言ではありません。
多くのトレーダーが、「どこかで含み損が戻ってくるかもしれない」と根拠のない期待をし、損切りができません。損切りをすると資金が減ってしまうので、嫌なことですよね。
しかし、含み損が戻らなかった場合には、より大きな損失となることもあります。
要は次のトレードでその損失を取り戻せれば、問題はありません。。最終的にプラスになっていれば良いのです。

損切りはあらかじめ「ここで損切をする」と決め、それを自分のルールにして守れば、大きな損失を防ぐことができます
デモトレードで損切ができなければ、リアルトレードではもっと損切が難しくなります。

初心者の方は、利益確定でも陥ってしまいがちなパターンがあります。
利益確定では、損切と逆で「ここから相場が下がってしまったらどうしよう」と不安になって、すぐに利益確定をしてしまっていることが多いです。
利益を上げられるはずのところで、早すぎる利益確定をしてしまったために、トータルで負けてしまう可能性があります。

トレード前にあらかじめ利益確定のタイミングを決め、そのタイミングになるまで待ちましょう。そして、それをトレードルールとし守ることで、FXで利益を増やことができます。

損切りだけでなく、利益確定も初心者の方には難しいものです。
何度もデモトレードで試行錯誤し、自分なりのルールを見つけてください。
またデモトレードはリアルトレードとは違いますが、リスクを取る際のメンタルの重要性は意識してください。

3.5 自分のリズムに合ったトレードスタイルを探そう

FXではトレードスタイルによって、資金管理などが大きく変わってきます。
そしてトレードルールを作るには、まずはトレードスタイルを決める必要があります。
トレードスタイルは、自分の生活スタイルや目的に合ったものを選ぶことが大切です。
なぜなら自分に合わないトレードスタイルでは、長く続かないからです。
それでは、具体的にどんなトレードスタイルがあるか見てみましょう。

スキャルピングは、数秒から数十秒でトレードを完了させる超短期売買です。
1日のトレード回数が莫大で、トレードをしている数時間はパソコンの前にはりついて相場を観察する集中力が必要です。

デイトレード数十分から数時間の間ポジションを保有します。
1日のトレード回数は1~3回ほどですが、どうしてもチャートを見る時間が長くなります。
毎日長い時間パソコンと向き合える時間が必要なので、自由に時間を使える方に向いています。

スイングトレード数日から数週間のポジションを保有する中長期のトレードスタイルです。基本的には1日1回チャートをチェックすればいいので、忙しい方に向いています。
また、ポジションを長く持つため、メンタルを保つ必要があります。

FXで成功するには、自分に合ったトレードスタイル選びが重要です。
まずは、全てのトレードスタイルをデモトレードで試してみて、自分のリズムに合うスタイルを探しましょう。

それでは長くなりましたので、一旦ここまでのポイントをまとめてみます。

デモトレードの活用方法まとめ

・FX取引の流れを繰り返し練習し、まずはFXに慣れることが大切
・FXのすべての注文方法を試して、自分のスタイルに合ったものを見つけよう
・実際にチャートを見ることで、スタンダードな値動を身につけることができる
・資金管理で大切な損切、利益確定もデモトレードで試行錯誤を繰り返し、自分なりのルールを構築しよう
・自分の生活スタイルや目的に合った、トレードスタイルを選ぶことが重要

4. デモトレードにおすすめのFX会社

デモトレードFX会社画像

デモトレードができるFX会社

多くのFX会社でデモトレードが提供されていますが、使用できる期間はFX会社により異なります。期限がある場合は何度でも作れるので、期限が切れたらデモトレード口座を作りなおしましょう。
また、特徴もFX会社によって様々です。

FX会社デモ有有効期限デモトレードの特徴取引ツール
DMMFX3か月純資産額が50万円を割り込むと、自動的に500万円が入金される。DMMFX DEMO / STANDARD
DMMFX DEMO / PLUS
GMOクリック証券1か月メールアドレスの登録やID・パスワードの入力不要はっちゅう君FX Plus
外為オンライン無期限1ヶ月程度利用が無い場合口座を閉鎖
iサイクル注文R(自動売買)も使用可
全ての取引ツール
FXブロードネットデモ口座に一定期間ログインがない場合、ログインID(アカウント)を削除全ての取引ツール
FXプライム1か月500万円の仮想資金でスタートPrime Navigator
リッチクライアント
JFX3か月デモトレードは本番のレートとは異なるMT4
YJFX!30日実際の画面を使用cymo NEXT
Desktop cymo
セントラル短資FX30日デモ口座の作成時に「開始残高」に入力した資金でスタートミラートレーダー
アイネット証券取引ツールの各種機能やレート等は本番口座に準じるi-NET TRADER
インヴァスト証券 シストレ2430日デモ口座はパソコンのみで利用可能Mirror Trader
ひまわり証券本番と同様のシステムひまわりFX WEB
ひまわりFX PRO
ヒロセ通商3か月デモ口座では使用できないチャートがある
土日使用可
LION FX C2
NET4
HTML5

4.2 おすすめのFX会社

デモトレード口座の開設に、おすすめなFX会社3社をレビューを交えて紹介しますね。

外為オンラインのレビュー

・本番と同じシステムで為替レートも同じ
・iPhone,Androidにも対応
・iサイクル(自動売買)も使用可能

先ず使い勝手として、金融情報が事前に自動で届くので、忙しくても大きな為替の動きに対応でき、とても良いです。
小額でも、いろいろな取引ツールが利用できるので、とてもお得です。
先ずデモトレを使って操作性を試したのですが、操作性、スピード、サポートの質、どれもとても良かったです。
複数のデモトレ会社で試しましたが、FXを始めるならいくつかのデモトレを試すことをお勧めします。

価格.comより

スマートフォンで使ったことはないので、パソコンのみの評価と思ってください。
あらゆる面で平均値か、それ以上だと思います。
大手ですし、分かりやすく、使いやすいので、初心者にもオススメです。
慣れてきた上級者には、ツール等で物足りなさを感じるかもしれませんが、特段、悪い面も無いので、長く使っていける会社だと思います。

価格.comより
外為オンラインの詳細へ

YJFX!のレビュー

・デモトレードではなく、実際の取引ではTポイントが付くようです。
・システムのcymo(サイモ)のシリーズが使いやすいと評価が高い

通貨ペアが少なめなのはネックだが、大手のFX会社の中では取引手数料、スプレッドの幅は間違いなくトップクラス。スワップポイントも高い。取引手数料、スプレッドはFXで勝つためにも最も重要な要素なので無視できない。あとはサイバー系という信頼性も大きい。

FX口コミランキングより

初心者が入門してFXに慣れ親しみ、少額を預けて一通りトレードをこなしていくのに適していると思う。他のブローカーと比べて突出している点はないが、欠点も見当たらず安定した環境を提供しているので、安心してトレードができる。

価格.comより
YJFX!の詳細へ

DMM FXのレビュー

・スマホでも見やすく洗練されていて評判
・タブレットに対応していない(iPadを含まない)

スマホアプリでのみ利用しています。
アプリが直感的に操作でき、取引のレスポンスや指標、ニュースなどの更新タイミングも早く快適です。
スワップは他社でもっと良いところがありそうですが、私はライトユーザーなのでDMMのネームバリューへの安心感、アプリデザインと操作性、スプ、スワポなど総合的に見て満足しています。

価格.comより

メイン口座として使っています。スプレッドは狭く、取引応援ポイントで取引すればするほどポイントがたまっていって現金に換金できるので、短期売買するにはもってこいだと思います。
スワップポイントも決して低くはなく、またプラススワップとマイナススワップが同額という点も良いです。
のアプリで取引をしているのですが、使い勝手が非常に良く、初心者にも使いやすいと思います。
安定感も抜群で滑ったことは一度もないです。
これからFXを始めるという人に強くオススメできます。

価格.comより
DMM FXの詳細へ

みなさんのデモトレード口座選びに、お役に立てれば嬉しいです。

5. デモトレードのお申込み方法

FXデモトレード口座開設してみよう画像

FXのデモトレード口座を開設するには、メールアドレスやニックネームなど入力するだけで簡単に作れます。
以下は、人気の外為オンラインのトップページです。

FX-demo口座申し込み画像1

右の方に青い線で囲ってある中に「デモ口座」申し込みがあるので、そこをクリックすると申し込み画面に飛びます。

FX-demo口座申し込み画像2

そして、必要記入事項を入力するだけです。

この後、入力したメールアドレスにログインIDとパスワードが送られてくるので、以下のログイン画面で入力すればデモトレードを開始できます。

FX-demo口座申し込み画像3 外為オンラインの詳細へ

6. デモトレードのまとめ

いかがでしたでしょうか?
この記事で解説してきたことを、再度まとめてみますね。

1. FXのデモトレードとは?
・FXのデモトレードは無料で提供されていて、仮想通貨を使用し本番同様のトレードができるシステム

2. デモトレードでやるべきこと、注意点
・デモトレードで練習を繰り返し、勝てるトレードルールを作り上げよう
・複数のFX会社でデモトレードをし、自分に合ったFX会社を選ぶことが大切
・デモトレードは本番のようなプレッシャーはないが、メンタルの重要性は意識しよう

3. 自分に合ったスタイルを見つけるためにデモトレードを活用しよう
・FX取引の流れを繰り返し練習し、まずはFXに慣れることが大事
・FXのすべての注文方法を試して、自分のスタイルに合ったものを見つけよう
・実際にチャートを見ることで、スタンダードな値動を身につけることができる
・資金管理で大切な損切、利益確定もデモトレードで試行錯誤を繰り返し、自分なりのルールを構築しよう
・自分の生活スタイルや目的に合った、トレードスタイルを選ぶことが重要

4. デモトレードにおすすめのFX会社
・デモトレードが使用できる期間はFX会社により異なるが、何度でも作ることが可能

5.デモトレードのお申し込み方法
・FXのデモトレード口座の開設は、メールアドレスやニックネームなど入力するだけで簡単にできる

ぜひ、この機会にデモトレードの口座を開設して、何度も練習を繰り返し、勝てるルールを作り上げてください。
そして、FXのリアルトレードへの第一歩を踏み出しましょう。