【チャネルラインとは?】引き方のコツとトレードでの実践方法

今回は、FXの相場で比較的頻繁に現れるチャネルを紹介いたします。

チャネルラインはトレンド相場で活用できるとともに、他のラインと組み合わせることにより、相場がチャネルをブレイクした場合にも使えるツールです。
チャネルラインの意味、その引き方や活用方法をマスターすれば、FXトレードの視野が大きく広がりますので、頑張って覚えましょう。

1. チャネルラインとは?

fxチャネルラインとは乗画像

初めに、チャネルラインの基本から勉強していきましょう。

1.1 チャネルラインとは

チャネルラインは、トレンドラインとそれに平行に引いたラインの2本の線です。平行に引いたラインをアウトラインといい、トレンドラインと同様に、相場の高値・安値を結んだものです。

この2本の線の傾き(角度)は同じで、2本線に囲まれた内側をチャネルといいます。
したがって、同じ傾きの2本線を引くことができなければ、チャネルは成立しません

fxチャネルラインとはの図1

チャネルラインには、チャネルが上昇するチャネルアップとチャネルが下降するチャネルダウンの2種類があります。

1.2 チャネルラインの役割

チャネルラインには、次の役割があります。

① トレンドの状態を教えてくれる役割

【トレンドの有無・強さを教えてくれる】
チャネルラインの傾きや長さによって、トレンドの有無や強さを教えてくれます
チャネルラインの傾きが急な(角度が大きい)ほど、またその長さが長いほど、トレンドが強いことを表しています。

【同じ強さのトレンドが続いていることを教えてくれる】
チャネルは、サポートライン(支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)などのトレンドラインによって支えられて(押さえられて)います。
チャネル状態が継続するということは、同じ値幅の動きが続くことで、同じ強さのトレンドが続いていることを確認できます

②相場の値幅を教えてくれる役割

 

チャネルの幅、すなわちトレンドラインとアウトラインの幅は一定になります。このことから、チャネルを形成している相場の値幅は、一定の数値を保ったまま上下運動を繰り返していることがわかります。

fxチャネルラインの役割の図

③ サポート・レジスタンスとしての役割

チャネルラインを構成するトレンドラインおよびアウトラインは、サポートライン(支持線)、またはレジスタンスライン(抵抗線)として機能します。
そのため、相場はチャネルの枠外になかなか出ることができなくなるのです。

1.3 チャネルラインの引き方

次は、チャネルラインの引き方をマスターしましょう。
チャネルラインは、次の順番で引いていきます。

相場の中で、トレンドが発生しているかを判断します。

トレンドが発生していると判断できたら、相場の振幅(上下の動きの幅)が一定かどうか推測します。

相場の振幅が一定と推測できる場合に、まずトレンドラインを引きます
上昇トレンドでは、相場の安値同士を結んで上昇トレンドライン(サポートライン)を引きます。逆に、下降トレンドでは、相場の高値同士を結んで下降トレンドライン(レジスタンスライン)を引きます。

最後に、トレンドラインと平行に、相場の高値・安値を結んでアウトラインを引きます。

この段階で、2本の線がどうしても平行にならなければ、チャネルは成立していないということです。

1.4 チャネルラインを引く際の注意点

【アバウトでもよいので引いてみる】
初めから完璧なチャネルラインを引こうとすると、逆になかなか引けなくなってしまいます。引き始めて「これは違う」と思ったら消してしまえばよいので、これと思ったものに引いてみることです。

その場合は、トレンドの概要が把握できるようざっくりと引いていき、後で微調整(2線が平行になるよう、ローソク足に接する部分をずらしてみるなど)を行えばよいのです。 綺麗な図形を作ることが目的ではなく、相場の大局を掴むためのものですから、多少雑に引いても大丈夫です。


【トレンドラインから先に引く】
チャネルラインは、アウトラインからでなくトレンドラインから先に引きましょう
相場のトレンドは、アウトラインではなくトレンドラインによって支えられている(押さえられている)からです。

アウトラインにもサポートやレジスタンスの機能はありますが、それらの機能はトレンドラインの方が強いのです。したがって、トレンドラインの位置・長さ・傾きなどを優先して決め、その後はじめてアウトラインを引くことができます。

2. チャネルラインの見方

fxチャネルラインの見方画像

チャネルラインが引けたらそのどこを見たらよいか、チャネルラインの見方を説明します。

2.1 チャネルラインの枠内で相場は動く

相場は、チャネルラインの枠内で動く傾向があります。
それは、チャネルを構成しているトレンドラインやアウトラインがサポート(支持)やレジスタンス(抵抗)として機能するためです。そのため、相場はチャネルラインの値幅で往復運動を繰り返しやすいのです。

しかし、この状況も永久に続かず、やがてどちらかにブレイクしていきます。

2.2 相場の強さはチャネルラインの長さや角度、値幅で判断

相場は、チャネルラインの長さが長いほど、その角度が急なほど、そして、チャネルの値幅が広いほど強いといえます。

チャネルラインは長い方が市場参加者に意識されやすく、そのため働きも強くなります。また、トレンドラインと同様に、角度が急になるほど相場の強さを表しますが、あまりに急角度のチャネルラインは上昇トレンドの最終段階である可能性が高いといえます。

2.3 相場状況の把握は複数のラインを組み合わせる

相場に影響を与えるのは、チャネルラインだけではありません。チャネルラインが引けた場合でも、他に関係しそうなサポートラインやレジスタンスライン、その他のトレンドラインを探し、実際に引いてみることが重要です。

相場を動かす力は、ライン1本の力より複数のラインが重なった力の方が大きいため、関係するラインが組み合わさるエリアに気を配り、トレードすることが必要です。


チャネルラインの役割・引き方・見方まとめ

・チャネルラインは、トレンドラインとそれに平行に引いたアウトラインの2本の線
・チャネルラインにより、①トレンドの状態、②相場の値幅が確認できる。
・チャネルラインは、サポートライン(支持線)、レジスタンスライン(抵抗線)として機能する
・チャネルラインは、トレンドラインから先に引く
・チャネルラインの長さや角度、値幅で相場の強さを判断する
・相場状況の把握は複数のラインを組み合わせる

3. チャネルラインを用いた実践

fxチャネルラインの実践の画像

それでは次に、チャネルラインを活用した実戦練習を行ってみましょう。

3.1 エントリーの見極め方

まず、エントリーの方法について説明します。
チャネルダウンを例に上げて説明しますが、チャネルアップでも考え方は同じです。

トレンドフォロー手法 1・トレンド継続型

fxチャネルラインの見極め方の図

上図で、
相場の高値同士(黄〇)を結びトレンドラインを、そして、それに平行するようにアウトラインを引き、チャネルラインが完成しました。

下降トレンドのため、相場が「戻し」をつけてチャネルの上限にやって来ても、トレンドラインがレジスタンス(抵抗)となって跳ね返る可能性が高いと判断できます。

相場がトレンドラインに跳ね返されたことを確認し、青矢印の箇所で売りポジションを持つことができます。

トレンド方向に沿ったトレードのため、勝率は高いといえます。


注意

この例は下降トレンドで、相場の方向は下を向いています。 したがって、下枠のアウトラインでの跳ね返りを狙った「買い」エントリーは、相場の方向に反するため行わないようにしましょう。

トレンドフォロー手法 2・チャネルブレイク型

次は、相場がチャネルをブレイクする場合の手法です。
チャネルアップを例に上げて説明しますが、チャネルダウンでも考え方は同じです。

fxチャネルラインの見極め方の図2

相場の安値同士(黄〇)を結びトレンドラインを、そして、それに平行するようにアウトラインを引き、チャネルラインが完成しました。上昇トレンドです。

前に述べたように、相場状況の把握は複数のラインを組み合わせて判断することが必要です。そのため、左側の高値を押さえたポイントからレジスタンスラインも引いておきます。

すると、チャネル内で、相場はレジスタンスラインを上抜けしました。レジスタンスラインは上抜けされると、今度は逆にサポートラインとして機能します(レジサポ転換)

その後、実際に相場がそのサポートラインに支えられたのを確認できました。そのため、上昇力に弾みがつく可能性が高いといえます。
チャネルのブレイクを狙うには、しっかりとしたエントリー根拠が必要です。そのため、複数のラインを用いて「サポートラインの確実な支持」と「アウトラインの確実なブレイク」という根拠を導き出すのです。

相場がアウトラインを確実に上抜けしたことを確認して「買い」エントリーです(青矢印)。トレンド方向へのブレイクのため、勝率は高いと判断できます。

3.2 利益確定と損切の考え方

トレンドフォロー手法 1・トレンド継続型

fxチャネルラインの利益確定の図


①利益確定
相場がチャネル内を推移する間はトレンドが続くと判断し、相場が多少上下してもポジションを持ち続けます
やがて、相場がチャネルを逆に(トレンドと反対方向に)ブレイクしたら、トレンド終了の可能性を考え、そこで利益確定を行います。

②損切
エントリーして相場がチャネルを逆に(トレンドと反対方向に)ブレイクしたら、トレンド終了の可能性を考え、損切を行います(黄ライン)。

トレンドフォロー手法 2・チャネルブレイク型

fxチャネルラインの利益確定の図2


①利益確定
チャネルブレイクの場合は、ブレイク地点からチャネル幅と同じ値幅分の値動きが見込めます(黄ラインの長さ)。したがって、一般的にはチャネル幅と同じ値幅分上昇したポイントを利益確定の目安とします

ただし、この例のように相場の上昇力が強い場合はより大きく上昇するケースもあるため、まだ上昇が続くと予測できる場合は、しばらく持ち続けることを考えます。


②損切
損切ラインは、チャネルブレイクしたと見せて、チャネル内に戻ってしまったポイント(赤ライン)です。

4. まとめ

fxxチャネルラインのまとめ画像

【チャネルラインの役割・引き方・見方まとめ】
・チャネルラインは、トレンドラインとそれに平行に引いたアウトラインの2本の線
・チャネルラインにより、①トレンドの状態、②相場の値幅が確認できる。
・チャネルラインは、サポートライン(支持線)、レジスタンスライン(抵抗線)として機能する
・チャネルラインは、トレンドラインから先に引く
・チャネルラインの長さや角度、値幅で相場の強さを判断する
・相場状況の把握は複数のラインを組み合わせる

【チャネルラインを用いた実践】
・チャネルラインを用いた勝ち方は、相場の方向に沿って売買するトレンドフォロー(順張り)が基本
・トレンド継続型のエントリーは、チャネルラインのサポート、レジスタンス機能により、相場がトレンドラインに跳ね返されたポイント
・トレンドが続く間はポジションを持ち続け、トレンド終了で利益確定
・チャネルブレイク型のエントリーは、他のラインの状況も見ながら、チャネル枠をトレンド方向にブレイクしたポイント
・チャネルブレイクの利益確定は、チャネル幅と同程度の値動きが目安

チャネルラインは、基本的には相場の流れに沿ったトレンドフォローの分野で活用すべきツールです。トレンドフォローの分野で活用している限り、トレンドという強い味方がついてくれます

今回は、同じトレンドフォローでも、チャネル内でのトレンド継続型とチャネルブレイク型について学習しました。
この2つのパターンをマスターすれば、FXトレードで頼もしい武器を手にすることになるでしょう。

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。