【FXのローソク足とは?】初心者必見!ローソク足の見方・読み方講座

2019.03.09

FX相場におけるローソク足は、チャートを細分化した基本的な単位です。

しかし、この基本的な単位であるローソク足は、単体で相場における値動きの経過を表すことができ、また、その動きで相場の現状をも知らせてくれる働きを持っています。
ローソク足を理解してその使い方を覚えれば、相場の流れやその強弱をいち早く把握することができるのです。

今回は、ローソク足そのものに焦点を当て、その意味や見方を説明するとともに、ローソク足から相場の強さや大局を読み取るための活用法について紹介いたします。

1. ローソク足とは?

fxローソク足とはの画像

はじめに、ローソク足とはなにか、その基礎から学んでいきましょう。

1.1 ローソク足とは?

ローソク足はFXのチャート足で、一定の期間を区切り、始まりの価格・最も高い価格・最も安い価格・終わりの価格の4つの値を1つの図形で表現しているチャートです。

ローソク足は、ローソクの形に似ていることからこの名称で呼ばれていますが、FXチャートを表すために最も細分化された基本的な図形であることを理解してください。

1.2 ローソク足の見方

ローソク足は、始値・高値・安値・終値の4つの値で構成されています

fxローソク足の味方の図


このうち高値は最も高い値で、図形の中でも最も上に位置しています。逆に安値は最も安い値で、図形の中でも最も下に位置しています。
始値と終値はローソク足の始まりの値と終わりの値ですが、そのローソク足が上昇して終わったのか下降して終わったのかにより、その位置が変わってきます。

ローソク足の中央の箱型の部分を「実体」、上下の飛び出した線を「ヒゲ」と呼びます。

ローソク足が上昇して終わった、すなわち始値よりも終値が高いローソク足を「陽線」といいます。一般的に、陽線は明るい色で表現します。

【陽線】

fxローソク足の陽線の図


逆に、ローソク足が下降して終わった、すなわち始値よりも終値が安いローソク足を「陰線」といいます。一般的に、陰線は暗い色で表現します。

【陰線】

fxローソク足の陰線の図

1.3 実体とヒゲのでき方

それでは次に、ローソク足はどのようにして出来上がるのか、相場との関係に基づきながら見ていきましょう。

fxローソク足ひげのでき方の図


上図で、左側がFX相場の値動きの変化です。値の動き方を追ってみると、始値がついた後に値を下げていき、安値をつけました。しかしその後、相場は上昇に転じ高値をつけます。
その後は再び下降に転じ、終値をつけました。

その相場の値動きをローソク足に表すと、右のようになります。この場合、始値より終値の方が高いので、陽線で表します。すなわち、このローソク足は、上昇して終わったことになりますね。

それでは、ここで問題です。
下図は陰線のローソク足ですが、このローソク足をみて、相場がどう変動してきたのかを表してください。

fxローソク足の陰線の図




答えは、下図のようになります。

fx陰線の変化の答えの図


以上のように、ローソク足は1本だけで、相場の値動きの経過を表すことができる優れものなのです。


ローソク足の意味・見方まとめ

・ローソク足は、一定の期間を区切り、始値・高値・安値・終値の4つの値を1つの図形で表現しているチャート足
・ローソク足の中央の箱型の部分を「実体」、上下の飛び出した線を「ヒゲ」と呼ぶ
・始値よりも終値が高いローソク足を「陽線」、始値よりも終値が安いローソク足を「陰線」と呼ぶ
・ローソク足は、1本だけで相場の値動きの経過を表すことができる

2. ローソク足の活用法

fxローソク足の活用画像

次は、ローソク足を使って相場の強さや大局を読み取るなど、その活用法を紹介しましょう。

2.1 ローソク足から相場の強さを読み取ろう

ローソク足の状態をみると相場の強さや弱さがある程度わかります

下図は、上昇トレンドのローソク足です。

fxローソク足から相場を読む図


ここでは、ローソク足の陽線を青色、陰線を赤色で表しています。
上昇トレンドのため、相場は右上がりで推移していますが、この図をパッと見て初めに気づくのは何でしょうか。

そうです。陽線と陰線の割合がまったく違うのです。青色の陽線の数が、赤色の陰線の数よりも圧倒的に多いことに気がつきますよね。
陰線が1本現れると陽線が2~3本出現するような具合です。この相場は上昇する力が強い相場だということが、一目でわかります。

次は、下降トレンドのチャートです。

fx下降トレンドのチャートの図


ここでは、圧倒的に赤色が多いことがわかります。陰線が連続して現れ、その隙間に陽線が時々顔を出すという感じです。
この相場は下降する力が強い相場だということが、一目でわかります。


次は、レンジ相場のチャートです。

fxレンジ相場の図


ここでは、青色の陽線と赤色の陰線が、同じ位の割合で現れているのがわかります。
このことから、上昇する力、下降する力の両方ともにあまり強くないことがわかります。

このように、チャートの中で陽線と陰線の出現割合をみれば、相場の向きや強さがわかります。そのためにも、ローソク足の陽線と陰線の色は、対比できる色にしておくとよいでしょう。

2.2 ローソク足から相場の大局を読み取ろう

次は、ローソク足の状態から相場の大局を読み取り、それを実際のトレードに活かす方法です。

下図は、1時間足のチャートです。

【1時間足】

fx1時間足のチャートの図


チャートの中央部分、黄色枠で囲った部分が上昇トレンドになっています。
長く綺麗な陽線が続いていることから、強い上昇トレンドが発生していることがわかりますね。ローソク足1本が1時間分なので、このトレンドが継続していた時間は8時間程度ということになります。

仮に、あなたがこの上昇トレンドの途中でこのチャートを見たとしたら、この波に乗りたいと考えるのが普通です。
上昇トレンドなので、トレード方針は「買い」だけです。このような強い上昇相場では、「売り」はやってはいけません。
しかし、方針が「買い」というのはわかりましたが、この1時間足のチャートでは、ローソク足の強さはわかっても、どこでエントリーしてよいのかそのタイミングが計り難いですよね。

そこで、エントリーのタイミングを計るため、より短い足のチャートを開きます
下図は、上図の黄色枠上昇トレンド部分の5分足チャートです。

【5分足】

fx5分足チャートの図


1時間足チャートに比べると、5分足チャートは細かさが12倍あるため、相場の細部までがよくわかります。
このチャートに、トレンドラインを引いてみましょう。

fxトレンドラインの図


トレンドラインを引くと、上昇トレンドの強さ、また、その中で現在のローソク足がどの位置にいるかなどがよく把握できます。

FXトレンドラインの画像

【トレンドラインとは?】ラインの引き方とエントリーへの活用法 FXで勝つには、相場の方向に沿ったトレンドフォロー戦略が最も重要で、そこで威力を発揮するのがトレンドラインです。 トレンドフォローを売買戦略の基本に置きながら、トレンドラインを上手に活用していけば、FXで見違えるような成果が期待できるでしょう。



そして、この相場とトレンドラインの状態をみながら、エントリータイミングを計ります。

fxトレンドラインの実践の図


上図で、2つの黄色〇を接点にトレンドラインを引き、その後どのポイントでエントリーを行うか、そのタイミングを計ります。
具体的には、上昇トレンドでは「押し目」と呼ばれる調整部分です。相場が調整を始めて押し目を形成し、トレンドラインに跳ね返されたポイントを狙うのです。

買いエントリー①では、相場がトレンドラインに跳ね返されて大きな陽線ローソク足ができています。 エントリーは、この5分ローソク足の完成前に、このローソク足の伸び具合や力強さをみながら相場が上昇の気配をみせたポイントで行います。

買いエントリー②では、相場に押し目が作られたものの、トレンドラインにタッチせず再び上昇を開始しています。このように相場がトレンドラインまで降りてこなくても、状況をみながら臨機応変にエントリーを行ってOKです。
ただし、押し目の底の1本目の陽線は伸び具合があまりないため、ここではエントリーせずに様子をみます。2本目のローソク足が伸びる気配をみせたらエントリーです。

このように、エントリーの決定は、
①上位足(長期足)のチャートで相場の大局を掴み
②下位足(短期足)のチャートでエントリーできる場所を探し
③ローソク足の伸び具合や力強さをみて、最終的なエントリーポイントを決める
という、3段階の手順になります。

利益確定は、相場がトレンドラインを割り込んだ地点で行います。トレンドラインを割り込むということは、買いエントリーの根拠である上昇トレンドが消滅した可能性があるからです。

2.3 ローソク足のパターン

前に、ローソク足は、1本だけで相場の値動きの経過を表すことができると説明しましたが、ローソク足にそのような特徴があることからも、ローソク足単体、またはその組み合わせで相場の強弱を表したり、相場の転換点を示したりすることができます

したがって、ローソク足の形や組み合わせパターンを覚えることは、値動きの経過や相場の強弱、転換点などを一瞬で把握できることに繋がるのです。

このローソク足の基本形やローソク足の組み合わせパターンについては、以下のページを参照してください。

fxローソク足のパターンの画像

【ローソク足のチャートパターン】ローソク足からトレンド転換を見極める ローソク足は、その形状や組み合わせのパターンにより、私たちトレーダーにとって大変心強い売買サインとなります。 FXトレードで勝つには、ローソク足の形や組み合わせのパターンをマスターし、それを実戦で活用していくことが非常に重要です。

3. まとめ

fx-ローソク足のまとめ

【ローソク足の意味・見方】
・ローソク足は、一定の期間を区切り、始値・高値・安値・終値の4つの値を1つの図形で表現しているチャート足
・ローソク足の中央の箱型の部分を「実体」、上下の飛び出した線を「ヒゲ」と呼ぶ
・始値よりも終値が高いローソク足を「陽線」、始値よりも終値が安いローソク足を「陰線」と呼ぶ
・ローソク足は、1本だけで相場の値動きの経過を表すことができる

【ローソク足の活用法】
・チャートの中で陽線と陰線の出現割合をみれば、相場の向きや強さがわかる
・エントリーの決定は、次の3段階で行う
①上位足(長期足)のチャートで相場の大局を掴む
②下位足(短期足)のチャートでエントリーできる場所を探す
③ローソク足の伸び具合や力強さをみて、最終的なエントリーポイントを決める

ローソク足は、チャートを細分化した最も基本的な単位です。 しかしその基本的な形の中には直近相場における値動きの経過が隠れており、その形状の違いからその様子を把握することができるのです。

また、私たちがトレードでチャート画面に向き合っている時、画面の中で唯一動いているのが現在のローソク足です。その意味で、ローソク足は相場の現状を生の動きで伝えてくれる働きをしてくれているのです。

このように、ローソク足は相場における値動きの経過に加え、相場の現状までもストレートに伝えてくれる優れものです。ローソク足の意味や役割、そしてその活用法をマスターして、ぜひトレードの心強い味方にできるよう頑張ってください。

この記事のライター

三原怜の写真

三原怜

私は、以前地方自治体に勤めていましたが、退職してFXトレーダーに転向しました。トレード歴は、通算で約10年間になります。 トレーダーになった動機は、相場が人間心理の凝縮された生き物のように思え、その神秘的なベールを、テクニカル分析などの手法で読み解いていく面白さを知ったからです。 みなさんも自分なりの角度から、ぜひ相場に挑戦してみてください。