FX入門|FX投資をはじめる初心者にわかって欲しい5つの基本!

2019.01.12


これからFXを始めようと思っている方は
「始めたいけど、何からすればいいの?」
「FXってどういう仕組み? 複雑で難しそう・・・」
と、なかなか一歩を踏み出せずにいるのではないでしょうか。

このコンテンツでは、FXがどういった仕組みになっているのか、どうしてそんなに人気があるのか、FXの魅力について紹介したいと思います。

またデメリットについても触れ、FXをこれから始める方にまずは押さえて頂きたい基本について、分かりやすくまとめてあります。

1.FXとは?

FXとはの画像

FXとはForeign Exchangeの略称のことをいいます。
通貨と通貨の売買によって、その価格差で発生する為替差益、つまり利益を狙う投資方法です。

例えば、米ドルが1ドル=100円の時に日本円で米ドルを買ったとします。
その後、為替レートが変動し1ドル=115円に上がりました。(つまり円安になりました)この時に米ドルを再び日本円に両替すると

【115円-100円=15円】となり、15円儲けたことになります。

これが、為替差益のことです。
もし、この時100万円をドルに変えていた場合、15万円の利益となります。

逆に、為替レートが1ドル=80円に下がった場合(円高になった)は、20円の損が発生したことになります。

こうした為替レートの変動を利用して、FXでは取引をします。
FXでは、米ドルと日本円だけでなく、他にもユーロ、英ポンド、豪ドルなど 様々な国の通貨を使って取り引きができます。

それではFXの仕組みについて、もっと詳しく説明していきましょう。

2. 外国為替証拠金取引とレバレッジについて

FXの仕組みの画像

ここまでの例だけでは、外貨預金と同じだと思う方もいらっしゃるかもしれません。 FXは日本語では正式に外国為替証拠金取引といい、外貨預金とは仕組みが異なります。

FXを始めるにはFX会社に口座を開設する必要があり、そこに一定の担保金を 預入れることにより、取引が出来るようになります。 この担保金のことを証拠金と呼びます。

FXのスゴイところは、この証拠金により先にドルを売って日本円を買う事が出来ます。
つまり、円高になると思ったら最初からドルを売る事が出来るんですね。

2.1 レバレッジ

そして、FXでは証拠金以上の取引ができる、レバレッジというとても魅力的なシステムがあります。現在国内では、このレバレッジを使う事によって証拠金の1倍から25倍の 金額まで取り引きを行うことができます!

例えば、1ドル100円の時に、レバレッジを25倍にして1万ドル(100万円分)の取引をしたとします。 この時

【100万円÷レバレッジ25=4万円】

となり、必要な証拠金は4万円ということになります。 その後、1ドルが110円の円安になったときに、その1万ドルを再び日本円に両替します。 そうすると

【110万円-100万円=10万円】

となり、4万円の資金で10万円もの利益が出たことになります

このようにFXでは、レバレッジを使って少ない資金で取引を始めることができるため、高い人気を持っているのです。 しかしきちんと知識を身につけずに始めると、大きな損失となってしまう可能性もあるので、まずはしっかりと基礎を学びましょう。

3. FXのメリット、デメリット

FXメリットの画像

上記で、FXの魅力の1つであるレバレッジについて解説をしました。

他にもFXの人気の理由があるので、紹介しますね!

3.1 取引手数料が安い

最近FXでは、取引手数料を無料としているFX会社が多いんです。 しかし、その代わりにスプレッドという実質的な手数料がかかります。

例えば、米ドル/円の取引の場合、およそ0.3銭ほどのスプレッドが設定されています。

 

スプレッドの金額は、FX会社や取引する通貨によって異なります。
またFXは外貨預金と比べ、取引手数料が圧倒的に安いんです。 外貨預金の場合、およそ2円が手数料として徴収されてしまいます。

3.2 スワップポイントでも利益を!

FXでは為替差益での利益だけでなく、スワップポイントから利益を狙うことができます。

スワップポイントとは通貨の金利差で利益を得られる仕組みです。

通貨にはそれぞれの国によって金利があります。
日本円のような低金利通貨を売り、高金利通貨を買って利益を出していきます。

3.3 信託保全で資金は安全

FXでは大切な資産をFX会社に預けて取引をするのですから、もしFX会社が破産したらどうなるのかと不安に思いますよね。

FXでは信託保全という仕組みがあり、もしもFX会社が倒産してしまった場合も 預けた資金が守られます。 これはFX会社が提携している銀行で、顧客から預かった資産と自社の資産と分けて管理しているからです。

もしもFX会社が倒産した場合でも、金融庁に登録されたFX会社であれば 全額返還されるので、FX会社を選ぶときは確認しましょう。

3.4 24時間いつでも、どこでも取引可能

 

FXでは、平日24時間いつでも取引をすることができます。

またスマホやタブレットで、どこにいても取引を行うことができるのです。会社員、主婦や学生の方で日中時間を取るのが難しい方でも、取り組みやすい仕組みになっているのが、FX人気の理由の1つなんですね。

また、FX会社も24時間体制でサポートを行っているところもあります。

3.5 FXのデメリット

ここまではFXのメリットについて解説してきました。
しかしFXはあくまで投資で、リスクを伴うことも事前に知っておく必要があります。

FXはレバレッジで最大25倍までの取引を行うことができ、少額で大きな利益を出せるのはメリットである反面、 大きな損をするリスクが高くなります。
また大金がかかった取引は、人の精神状態に大きな影響を与えることもあります。 そしていつのまにか、ギャンブルのような感覚になっていく方々がたくさんいらっしゃいます。

冷静な精神状態で取引をしないと、大損をしてしまうかもしれません。リスクをしっかりと理解して、上手く自分自身をコントロールすることが成功への近道です。

4. FXへの取り組み方とリスクヘッジ

FXの取り組み方画像

FXは、たくさん儲けたい、成功したいと始められていると思います。
そうなる為には、それなりの下準備が必要になってきます。
成功談を見て、「とりあえずトレードしてみよう」と基本的なことを理解せずに取引すると、失敗してしまいます。

まずは、本やブログ、無料セミナーなどでしっかりと勉強して、基礎をマスターしてから 取引をしましょう。

また投資には、必ずと言っていいほどリスクがつきものですが、FXで失敗しないためにも、リスクを知りリスクヘッジをしていく必要があります。

それでは、その方法を紹介していきたいと思います。

4.1 損切り

損切りとは、保有している通貨の価格が下がった時に、自ら決済し 損失額を抑えるというテクニックです。

一時的に損失が出ていても、また上がってくるのではないかとそのまま決済出来ない人がいます。
しかし、それが更に大きな損失となることがあるのです。

今損失が出ていても、最終的にトータルでプラスになっていればいいのです。 FXで成功できるかは、損切りが出来るかで決まると言っても過言ではありません。

あらかじめ損切りのラインを、決めてから取引をしてみましょう。

4.2 ロスカット

ロスカットとは取引中に一定以上の損失が出てしまった場合に、自動的に 強制決済されるシステムのことです。
このシステムがあるお陰で、証拠金以上の損失が出るリスクは低くなっています。
しかしコンピューターで自動的に執行するため、相場が急に変動した場合は間に合わないこともあります。

また、ロスカットが発生する時は、すでに大きな損失がでているということです。
強制ロスカットにならないよう、自ら決めたラインで損切りをしましょう。 また口座資金がどのようになっているか把握し、しっかりと管理をしていきましょう。

5. FX会社の選択

FX会社を選ぶの画像

これからFX口座を開設しようとしている初心者の方は、どのFX会社を 選べばいいか迷っている方が多いと思います。

口座開設で重要なのは、あなたに合ったFX会社を選ぶことです。
それでは、FX会社を選ぶ3つのポイントを紹介していきましょう。

5.1 少額から取引が可能か

基本的に、1万通貨単位から取引ができるFX会社が多いですが、 1000通貨単位で取引できるFX会社もあります。 少額での取引なら、損失が出ても大したことはありません。

例えば、米ドルを1ドル=100円の時に25倍のレバレッジで 1000通貨の米ドルを買った場合、4,000円の資金が必要になります。

この後1ドル=99円になったとしても、損失は1,000円だけで済みます。

少額なら利益も小さくなりますが、まずは少額で取引をし、慣れてきてから金額を増やしていきましょう。

5.2 取引手数料の安さ

FXのメリットのところで、手数料無料のFXが多いけれども、実際にはスプレッド と呼ばれる実質的な手数料が、かかることを説明しました。

そのスプレッドも安ければ安いほど、費用を抑えることができます。
コストが削減されれば、その分儲けが大きくなるので、スプレッドが安い(FXでは狭いという言い方をします。)FX会社を選びましょう。

5.3 初心者でも使いやすいツール

ツールの使いやすさは、取引をスムーズにするためにとても重要になってきます。

例えば、取引画面が見やすくシンプルなもの、初心者でも簡単に使いこなせる取引ツールなどです。 初心者におすすめとされていても、大事なのは自分が使いやすいと感じるかどうかです。

口座を開く前に、気になるFX会社のツールを調べてみましょう。

6. FXの基本 まとめ

FX基本まとめ画像

今回はFXをこれから始めようとしている方を対象に、基本的なFXの仕組みについて紹介してきました。 FXを始める流れを、何となく掴んでいただけたのではないでしょうか。

内容をもう一度おさらいしてみましょう。

・FXとは為替差益を狙った投資
・レバレッジは証拠金の25倍の金額まで取引ができる仕組み
・取引手数料が安い
・スワップポイントでも利益を狙える
・信託保全で資金は安全
・平日24時間、いつでもどこでも取引ができる
・FXはリスクを伴なうこともある
・まずはしっかりとFXの知識を身につけてから取引しよう
・リスク管理に重要な損切りのテクニック
・ロスカットにならないようしっかりと管理しよう
・3つのポイントを押さえ、自分にあったFX会社を選ぼう

真剣に学べば、初心者の方でも稼ぐことができます。

まずは、しっかりと基礎知識を吸収することが大切です。
そして経験を積んで、成功できるトレーダーを目指しましょう。

この記事のライター

FX比較ナビ BY WX 事務局の写真

FX比較ナビ BY WX 事務局

FX比較ナビ BY WX の事務局が執筆しています。FX初心者への価値提供をモットーとして、トレーダーから提供されたノウハウと各FX会社の最新情報収集により、できる限り根拠を持った情報を読者へ届けるべく記事を執筆しております。